シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

新感染 ファイナル・エクスプレス

公式サイト:http://shin-kansen.com
新感染 ファイナル・エクスプレス
(C) 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.
英題:
TRAIN TO BUSAN
製作年:
2016年
製作国:
韓国
日本公開:
2017年9月1日
上映時間:
配給:
ツイン
カラー

見どころ:カンヌ国際映画祭やシッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭などで話題となったパニックホラー。感染した者を凶暴化させる謎のウイルスが高速鉄道の車両内にまん延する中、乗客たちが決死のサバイバルを繰り広げる。『トガニ 幼き瞳の告発』『サスペクト 哀しき容疑者』などのコン・ユらが出演。群れを成して襲い掛かる感染者たちに恐怖を覚える。

あらすじ:別居中の妻がいるプサンへ、幼い娘スアンを送り届けることになったファンドマネージャーのソグ(コン・ユ)。夜明け前のソウル駅からプサン行きの特急列車KTX101号に乗り込むが、発車直前に感染者を狂暴化させるウイルスに侵された女性も乗ってくる。そして乗務員が彼女にかみつかれ、瞬く間に車内はパニック状態に。異変に気づいたソグは、サンファ(マ・ドンソク)とその妻ソンギョン(チョン・ユミ)らと共に車両の後方へ避難する。やがて彼らは、車内のテレビで韓国政府が国家非常事態宣言を発令したことを知り……。

新感染 ファイナル・エクスプレス
(C) 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

映画短評

  • 清水 節
    暴走ゾンビ列車に乗せて突っ走る、愛と絆と痛烈な社会批判。
    ★★★★
    »読む«閉じる

     完全無欠の<ウイルス感染パニック×ゾンビ襲撃ホラー×群衆逃走サバイバル>。それだけでは終わらない。迫り来る死を前にした極限下、エゴイスティックな人間どもの本能が露わになり、助かりたい一心で差別が発生する。醜くも悲しい地獄絵。さらに、例えば『ジョーズ』はカナヅチ男が海に挑むドラマでもあったが、ここでは、逃げ惑う中、利己的な父が変心し、子供との愛と絆を再確認するという劇的要素が山場を盛り上げる。そしてヨン・サンホ監督の批評的精神は、明らかに特急列車を資本主義社会のメタファーに見立てている。暴走するゾンビ列車は、急速に発展した社会の成長神話の終焉のようでもある。ゾンビ映画史に新たな1頁が加わった。

  • 相馬 学
    スリルもゾンビ映画スピリットも文句なし!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     密閉空間を舞台にしたゾンビものはこれまでにもあったが、その記憶がかすむほどに面白い! 感染者からのサバイバルはスリリングだし、スピード感もあるし、ゴア描写も文句なし。

     巧いと思ったのは列車の特性が活きている点。途中下車の逸話では外の世界の感染悪化に絶望感をあおられ、車内へ逃げ戻る場面では手に汗握る。後ろと前にしか進めない車内通路の特性を活かした、直進するのみの家族救出劇の緊張感にも震えた。

     韓国映画らしく愛する者を守ろうとする“泣き”のドラマもあり。一方で、生存者の描写には人間の醜さも浮き彫りにされ、ロメロ作品に通じる風刺が見てとれる。怪優マ・ドンソクの大暴れにも燃えた。大満足!

  • なかざわひでゆき
    世界が熱狂する韓流ゾンビ映画は噂にたがわぬ傑作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     世界中のホラー映画ファンを熱狂させている、話題の韓流ゾンビ映画がようやく日本公開。これがですね、噂にたがわぬ大傑作なのですよ。
     釜山行きの特急列車でゾンビ・パンデミックが発生。数多のゾンビ映画よろしく、極限状態の閉鎖空間における壮絶なサバイバルを通して、人間の醜くも愚かな本性が次々と露わになっていくわけだが、本作ではそこに縦社会や格差社会など韓国の根深い社会問題が生々しく投影され、清濁併せ呑んだ普遍的な人間性の本質が問われていく。
     もちろん、外の世界でもゾンビ感染が蔓延。危機また危機の息つかせぬ展開も見事だし、猛スピードで追いかけてくるゾンビの大群衆なんか思わず笑いが漏れるほどの迫力だ。

  • くれい響
    しゅっぱつしんこう!「ゾンビ特急釜山行」
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    一瞬ギョッとするファーストカットから、ただならぬ雰囲気が漂い、途中下車できないまま、ひたすら突っ走る118分。『豚の王』『我は神なり』と、徹底して救いのない社会派アニメを作ってきたヨン・サンホ監督だが、今回はエンタメに振り切りながら、やはり底意地の悪さが見え隠れ。人間ドラマが肝となるゾンビ映画において、エゴを剥き出しにするバス会社常務(大堀こういち似)を始め、味のある濃ゆい乗客たちが観る者の感情を揺れ動かす。車両ごとに違った戦い方をする展開や、アニメ作家ならではの心地よいカット割など、ことごとく巧く、『28週後...』以来、ゾンビ映画史に刻まれるエポックメイキング的作品に仕上がったといえる。

  • 平沢 薫
    正攻法のゾンビ映画の面白さもたっぷり
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     疾走する急行列車という閉鎖空間にゾンビが出現したらーーーこの斬新な設定の面白さだけで十分に楽しめる。
     そのうえ、実はゾンビ映画として正攻法。日常の中にふと異物が侵入し増殖していく序盤の描写も、多様な人間たちの心理ドラマになっているのも、ゾンビ映画のお約束通りで、しかも巧い。小学生くらいの子供の心理が、丁寧に描かれているのも新鮮だ。
     加えて、インパクトのある"光景"が出現するのが魅力。とくに後半、新鮮かつ強烈な光景が、何度か出現する。これはヨン・サンホ監督が、アニメ映画監督出身であることと関係があるのではないか。ドラマだけでなく、視覚的な刺激が意識されている。

予告編・動画

『新感染 ファイナル・エクスプレス』予告編
新幹線でアレが暴走!『新感染  ファイナル・エクスプレス』特報
斎藤工&板谷由夏が『ダンケルク』など9月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
ゾンビ映画で学ぼう!防災知識『新感染 ファイナル・エクスプレス』防災の日記念映像

» 『新感染 ファイナル・エクスプレス』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009

(C) 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』ポスター
    ポスター
  • 映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』チラシ
    チラシ
  • 映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』チラシ
    チラシ

スタッフ

エグゼクティブプロデューサー: キム・ウテク
プロデューサー: イ・ドンハ
共同プロデューサー: キム・ヨノ
ヘアメイク: イ・ウンジュ
振り付け: パク・ジェイン
特殊効果: デモリッション
サウンドスーパーバイザー: チェ・テヨン
VFXスーパーバイザー: チョン・ファンス

キャスト

ソグ:
スアン:
ソンギョン:
サンファ:
ヨングク:
ジニ:
ヨンソク:
ホームレス:
ジョンギル:
感染者の女:
インギル:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『新感染 ファイナル・エクスプレス』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「新感染 ファイナル・エクスプレス」:あれこれてんこ盛りの韓国風 from 大江戸時夫の東京温度 (2017年9月22日 23時45分)
    映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、多くのアイディアを詰め込んで、新しい ...[外部サイトの続きを読む]
  • 新感染 ファイナル・エクスプレス/???/TRAIN TO BUSAN from 我想一個人映画美的女人blog (2017年9月14日 23時16分)
    一口かじられたら即ゾンビ 韓国ゾンビはどこの国のゾンビより速いんじゃない?ってほど俊足 ポン・ジュノ「スノーピアサー」?ゾンビ ゾンビ大好きなわたくし、あらゆるゾンビ映画を観てきましたが 「泣ける韓国製ゾンビ映画」との謳い文句で、ゾンビ苦手と言ってる人まで多く観ているこの話題作。 確かにゾンビ映画特有の、グロい内臓ドロドロシーンがなく、 白目むいて追っかけてくるアジアンゾンビで怖くない。 いや早いから逆に怖いか? とにかくグロ系の気持ち悪さはないのでそこは安心して観られるのかな。 . ...[外部サイトの続きを読む]
  • 新感染 ファイナル・エクスプレス 評価と感想/藁の楯の大沢たかおでは無い from eigamanzaiの映画レビュー (2017年9月5日 15時15分)
    東出昌大でもない ☆4.5点 2016年の第69回カンヌ国際映画祭のミッドナイト・スクリーニングで上映され評判になった韓国製ゾンビパニック映画。 監督はヨン・サンホ、主演はコン・ユ、共演にチョン・ユミ、マ・ドンソク 予告編 「新感染 ファイナル・エクスプレス」予告編9月1日(金)全国公開 何があっても、守り抜け!! 生か死か−執着駅まであと2時間 時速300km超のノンストップ・サバイバル! 世界大喝采&大熱狂!乗り遅れるな!!www.youtube.com 映画データ (シネマトゥデイ) 新感染 &#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年8月28日の週の公開作品
  3. 『新感染 ファイナル・エクスプレス』