シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
カーズ/クロスロード
(C) 2017 Disney / Pixar. All Rights Reserved.
英題:
CARS 3
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年7月15日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・ジャパン
カラー

見どころ:自動車たちの世界を舞台に、スポーツカーのライトニング・マックィーンの活躍を描いた人気シリーズの第3弾。最新型のレーサーに勝てなくなった上に、事故でクラッシュしてしまった彼が引退を考えて苦悩する姿を、仲間たちとの絆を絡めながら追う。監督を務めるのは、『カーズ』シリーズなどに携わってきたブライアン・フィー。シリーズ前2作の監督でもあるジョン・ラセターが製作総指揮を務める。

あらすじ:迷い込んだ田舎町ラジエーター・スプリングスで、ドック・ハドソンをはじめとする心優しい仲間との触れ合いを経て、自分勝手だった性格を改めたスポーツカーのライトニング・マックィーン。目覚ましい活躍を見せてきたマックィーンだったが、最新型レーサーが次々と台頭してきて苦戦を強いられる。いつまでも第一線にいたいという焦りに駆られたマックィーンは、ある日レース中にクラッシュ事故に遭遇。運にも世間にも見放され、頭の中に引退という文字がちらつき……。

カーズ/クロスロード
(C) 2017 Disney / Pixar. All Rights Reserved.

映画短評

  • 相馬 学
    大人の鑑賞に耐えうるアニメの最新モデル
    ★★★★
    »読む«閉じる

     前作が007のパロディに終始するあまり低評価となったせいか(個人的には楽しんだが)、今回はシリアスに軌道修正。世代交代という現役意識の強い熟年層には切ないテーマを刷りこんでドラマを紡ぐ。

     主人公マックィーンに1&2作目のような調子こきムードは一切なく、ベテランらしい落ち着きさえ感じさせる。それゆえに世代交代の現実は重い。それを彼にどの局面で意識させるのか?という点で、巧い作り。

     熟年意識の一方で若さにも目配せしている点もいい。才能と自信を兼ね備えた者もいれば、才能はあるが自信が欠如している者もいる。それを見据えている点も絶妙。文句なしに、大人の観賞に耐えうるアニメーションだ。

  • 清水 節
    ミドル・クライシスにもがくピクサー自身の、世代交代の神話
    ★★★★
    »読む«閉じる

     自らの限界を感じ始めたマックィーンと新世代レーサーの台頭。子供たちを置き去りにするほど、“中年の危機”に向き合う深刻な作り。マックィーンのボディ・ナンバーは第1作制作当初、ジョン・ラセターの生年を表わす「57」だったが、『トイ・ストーリー』の制作年「95」に変更したという経緯がある。つまり主人公はラセターでありピクサーだ。シリーズの精神的支柱ドックは、古巣ディズニーの黄金期「50年代」のレジェンド。オモチャやクルマをモチーフに、アナログとデジタルを対比させてきたラセターも還暦を迎え、本作を新人監督に委譲した。あまりにも内省的な物語。これは、世代交代の現実に直面したピクサー自身の神話である。

  • なかざわひでゆき
    大人こそ共感できる世代交代のほろ苦さ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     人気カーレース・アニメ第3弾は、天才的なスター・レーサーとして突っ走ってきたマックイーンが世代交代の問題に直面する。台頭する若いレーサーたちによって、昔からの仲間やライバルはことごとく駆逐され、自らも体力的に太刀打ちできずトップから転落。果たしてこのまま朽ち果てていくのか、それともトップへ返り咲くことが出来るのかがストーリーの焦点となる。
     誰もが避けられない「老い」の現実、過ぎ去りし栄光の日々への郷愁、そして世代交代のほろ苦さ。子供向けアニメにあるまじき重いテーマだが、しかし現実を悲観するのではなく前向きに捉えようという語り口は明朗快活。恐らく大方の予想を裏切る結末にも、深い含蓄がある。

  • 平沢 薫
    奥田民生の「エンジン」が心地よい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     日本版エンドソング、奥田民生が大人の心意気を歌う「エンジン」の速すぎないちょうどいいテンポ、力の入りすぎない楽々とした歌いようが心地よく、本作で描かれた出来事の後の主人公マックィーンが、この歌のような「鼻唄まじりで行ってみよう」という境地であるようにと願う。これまで第一線で活躍してきた主人公が、新たな世代の台頭と状況の変化によって成果を出せなくなる。彼はその事態にどのように臨むのか。それを描く今回のストーリーは、かなり大人向けだ。
     とはいえ、映像の素晴らしさは全世代向き。カーレースの白熱を体感させる映像は、さらに迫力をアップ。いつものようにアメリカの大自然の光景がスクリーンに広がる。

  • くれい響
    オヤジ泣かせ…だけじゃない
    ★★★★
    »読む«閉じる

    世界を駆け巡るスパイ・コメディと化した前作から一気に、原点回帰。若手の台頭から過去の人となり、人生の岐路に立たされたレーサー、マックィーンの姿を描くことで、ガチでオヤジ泣かせに走る。しかも、サントラはブルースやカントリーが彩り、テーマのひとつは、アスリートなら一度はぶつかる“引き際のタイミング”。完全にお子様置いてきぼりな展開だが、今回相棒となる若き女子キャラ、クルーズがこれまた卑怯。現場知らずのデータ重視キャラだけに、最初はぶつかりながらも、次第に師弟関係が生まれる流れは、『マイレージ、マイライフ』のよう(日本語吹替は松岡茉優とは絶妙すぎ!)。要はオヤジの妄想映画でもあったりするのだ。

予告編・動画

映画『カーズ/クロスロード』予告編
斎藤工&板谷由夏が『ジョン・ウィック:チャプター2』など7月中旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
ディズニー/ピクサー公認!野村周平で実写版ミニドラマ化!『カーズ/クロスロード』
『カーズ/クロスロード』と同時上映!短編映画『LOU』映像

» 『カーズ/クロスロード』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

(C) 2017 Disney / Pixar. All Rights Reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『カーズ/クロスロード』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『カーズ/クロスロード』“コレクタブルカード”セット【3枚1組/全4セット】(非売品)
    “コレクタブルカード”セット【3枚1組/全4セット】(非売品)
  • 映画『カーズ/クロスロード』“ムビチケ・ペアケース”(親子ペア券)
    “ムビチケ・ペアケース”(親子ペア券)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

製作総指揮: ジョン・ラセター
プロダクションデザイナー: ジェイ・シャスター
クリエイティブディレクター: ジェイ・ウォード
キャラクタースーパーバイザー: マイケル・コメット

キャスト

(声の出演)
ライトニング・マックィーン:
クルーズ・ラミレス:
ジャクソン・ストーム:
スターリング:
スモーキー:
ナタリー・サートゥン:
ミス・フリッター:
ライトニング・マックィーン:
クルーズ・ラミレス:
ジャクソン・ストーム:
サリー:
ボブ・カトラス:
ダレル・カートリップ:
メーター:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『カーズ/クロスロード』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「カーズ/クロスロード」:大人はグッと来ます from 大江戸時夫の東京温度 (2017年7月23日 23時26分)
    映画『カーズ/クロスロード』は、さすがピクサーです。まだまだイルミネーションなん ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「カーズ/クロスロード」の試写とプレミアムイベントに参加して from toomilog (2017年7月15日 6時13分)
    映画「カーズ/クロスロード」の試写と「マックィーン応援フェス」というプレミアムイベントに参加してきました! ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年7月10日の週の公開作品
  3. 『カーズ/クロスロード』