シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
勝手にふるえてろ
(C) 2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年12月23日
(新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、 シネ・リーブル池袋ほか)
上映時間:
製作幹事:
メ~テレ / ホリプロ
配給:
ファンム・フィルム
カラー

見どころ:19歳で芥川賞作家となった綿矢りさの恋愛小説を実写映画化。突然告白してきた職場の同期と、中学時代から片思いしていた同級生との間で揺れ動く女性の暴走する恋の行く末を描く。初恋相手を思い出しては胸をときめかせ、毒のある本音を吐き出す不器用なヒロインを、『ちはやふる』シリーズなどの松岡茉優が好演。松岡とは『放課後ロスト』でも組んだ大九明子がメガホンを取る。

あらすじ:初恋相手のイチを忘れられない24歳の会社員ヨシカ(松岡茉優)は、ある日職場の同期のニから交際を申し込まれる。人生初の告白に舞い上がるも、暑苦しいニとの関係に気乗りしないヨシカは、同窓会を計画し片思いの相手イチと再会。脳内の片思いと、現実の恋愛とのはざまで悩むヨシカは……。

勝手にふるえてろ
(C) 2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

映画短評

  • くれい響
    女優・松岡茉優のための映画。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    紙一重である“痛さと乙女心”を行ったり来たりと、こじらせヒロインを見事に演じ切った松岡茉優。彼女じゃなきゃ失敗したとも思える難易度の高い原作だけに、これまでも女子をテーマに描き、『でーれーガールズ』で覚醒した感のあった大九明子監督による脚本の当て書きも納得で、最高&最強の逸材を迎えたことで、自身の最高傑作を更新。休憩所での昼寝シーンやら、異常なまでの「タモリ倶楽部」愛やら、過去最高にいい味を出している石橋杏奈など、ツボを突いた演出も多し。終盤における失速感は差し引いても、『スウィート17モンスター』と双璧をなす、17年を代表する女子映画になったといえるだろう。

  • 清水 節
    理想から解き放たれ、生き始めるまでのブレーキなき助走
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     「こじらせ」や「イタイ」という自虐的にこそ使う言葉に託されたキャラも、松岡茉優が演じてみせれば、受け止めて無化する強靭さと愛らしさに変換してしまう魅力を秘めている。身体が実存するこの世界ばかりが現実ではなく、脳内で妄想する世界もまた現実の一部であることを、彼女の演技の振り幅は軽々と証明してみせる。これは、こうありたいと願う理想から解き放たれ、地に足を付けて生き始めるまでのブレーキなき助走の歌。意外にも初主演作だというが、松岡は余力を残したハジケっぷり。シリアスからコミカルまで、その引き出しは無限のようだ。撮影現場で歌った同録音声だという彼女の歌声には、計り知れない生命力が内包されている。

  • 森 直人
    良質のジャンル映画であり、それ以上
    ★★★★
    »読む«閉じる

    松岡茉優の印象がアナ・ケンドリックと重なる時があった。単にハリウッドライクってことではなく、綿矢りさが一人称で記したヒロインを映画用のキャラとして肉体化し、「コメディ」の枠に落とし込む様が完全にプロの仕事。それが結果的に日本映画では稀な達成になったのだと思う。脳内からオートマ的に高速でだだ漏れる言葉=台詞の発声もきっちり聞き取れて気持ちいい!

    こじらせた自意識や他者の問題を扱った「共感」系としてもエモーショナル。スタッフ&キャストの職人技が幸福に集合して一定ラインを超えた感じ。ウザ可愛いピュアネスが最高な渡辺大知はどこか無声喜劇の役者の味。『妹の恋人』のジョニデを懐かしく連想したりも。

  • なかざわひでゆき
    愛すべきこじらせ女子の暴走劇
    ★★★★
    »読む«閉じる

     一言で言うなら、こじらせ女子の暴走劇である。思い込みが強すぎるゆえに勝手な恋愛妄想や被害妄想を膨らませていくヒロイン。片思いのイケメンに一方的な運命を感じてのめり込むのはいいとしても、自分に好意を寄せるフツメンは平気で振り回して足蹴にするし、心配してくれる女友達の善意も曲解して逆恨みする始末だし。本当にどうしようもない(笑)。
     しかし同時に、器用に生きられない女性の孤独や哀しみ、その揺れ動く切実な乙女心も痛いほど伝わり、いつしか共感せずにはいられなくなる。松岡茉優の好演、ミュージカルまで交えたポップな演出、生き生きとしたセリフの歯切れの良さも手伝い、愛すべき作品に仕上がっている。

  • 平沢 薫
    リアル/非リアルの切替えが絶妙な"痛快"コメディ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     リアルと非リアルの混合具合が絶妙。リアルな描写の中に、唐突に非リアルな光景が出現するだけでなく、この2つが細かく切り替わる。その配合の妙には、リズムが果たしている役割が大きい。映像のリズムはもちろん、主人公の感情の振幅の大きさと大仰な動き、とても現代的な言葉のリズム、その緩急が組み合わせられて映画が躍動する。
     主人公は、恋愛を筆頭にいろんなものに固執する傾向のあるこじらせ女子だが、ユニークなコメディ演出により、観客が主人公のイタさに共感するだけでなく、それを笑えもするようになっている。イタイだけでは終わらない、自分のイタさを笑ってちょっとスッキリもする"痛快"コメディだ。

予告編・動画

松岡茉優が歌う!泣く!叫ぶ!映画『勝手にふるえてろ』予告映像
松岡茉優、観客から「かわいい」の声に笑顔! 映画『勝手にふるえてろ』舞台あいさつ
松岡茉優「贅沢な時間だった」初主演作を振り返る 映画『勝手にふるえてろ』記者会見
斎藤工&板谷由夏が『勝手にふるえてろ』など12月下旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『勝手にふるえてろ』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010

(C) 2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『勝手にふるえてろ』ポスター
    ポスター
  • 映画『勝手にふるえてろ』チラシ
    チラシ
  • 映画『勝手にふるえてろ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『勝手にふるえてろ』オリジナル付箋
    オリジナル付箋

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: 綿矢りさ
監督・脚本:

キャスト

江藤良香(ヨシカ):
イチ:
ニ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『勝手にふるえてろ』の映画ニュース

  • 18日にスタートした深田恭子主演の連続ドラマ「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系・毎週木曜夜10時~)で、同性愛者のバーテンダーを演じる北村匠海が「かわいい」と注...て公開され、芥川賞作家・綿矢りさ原作の『勝手にふるえてろ』では松岡茉優演じるヒロインが10年間もの...
  • 話題のテレビドラマ「コウノドリ」で繊細な演技を見せ、綿矢りさによる同名小説を基にした『勝手にふるえてろ』(公開中)では長編映画初主演を果たした松岡茉優が、自身の...
  • 女優の松岡茉優が23日、都内で行われた映画『勝手にふるえてろ』の初日舞台あいさつに出席。本作で映画初主演を果たしたが、公開までは取材に追われたといい、ドラマ「コウ...浴びていた。(取材・文:名鹿祥史) 映画『勝手にふるえてろ』は全国公開中...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「勝手にふるえてろ」と松岡茉優の変遷 from エンターテイメント日誌 (2018年1月18日 14時58分)
    評価:A 映画公式サイトはこちら。 松岡茉優、22歳。彼女が出演する映画を初め ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「勝手にふるえてろ」:妄想女のイタ過ぎ暴走! from 大江戸時夫の東京温度 (2018年1月1日 0時44分)
    あけましておめでとうございます。本年も『東京温度』をよろしくお願いします。 映画 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「勝手にふるえてろ・・・・・評価額1700円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2017年12月27日 17時14分)
    オタク系絶滅危惧種の恋。 人間の想像力、もとい妄想力は凄い。 幼い頃、イマジナリーフレンドがいた人は多いだろう。 自分にしか見えない空想の友だちは、やがて世界が家の外に広がり、現実の友だちが増えるにつれて消えてゆく。 しかし、思春期を迎え日々の生活が社会的になると、新しいタイプの妄想が湧き上がってくる。 それが、“理想の自分”だ。 コンプレックスに苛まれる現実の自分とは異なり... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 勝手にふるえてろ 評価と感想/こじらせの深淵に引きずり込まれる from eigamanzaiの映画レビュー (2017年12月27日 10時6分)
    ザッツ・ザ・松岡茉優ショー ☆5点 芥川賞作家・綿矢りさが2010年に発表した同名小説の映画化で第30回(2017年)東京国際映画祭コンペティション部門観客賞受賞作。十年来の脳内彼氏とリアル恋愛の狭間でパニクる姿を描く。監督は大九明子、主演は松岡茉優、共演に石橋杏奈、渡辺大知、北村匠海 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) 勝手にふるえてろ映画『勝手にふるえてろ』の作品情報:19歳で芥川賞作家となった綿矢りさの恋愛小説を実写映画化。突然告白してきた職場の同期と、中学時代から片思いしていた同級生との&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年12月18日の週の公開作品
  3. 『勝手にふるえてろ』