シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ローサは密告された

公式サイト:http://www.bitters.co.jp/rosa
ローサは密告された
(C) Sari-Sari Store 2016
英題:
MA'ROSA
製作年:
2016年
製作国:
フィリピン
日本公開:
2017年7月29日
(シアター・イメージフォーラムほか)
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド
製作会社:
CENTERSTAGE PRODCUTIONS
カラー

見どころ:『囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件』などのブリランテ・メンドーサが監督を務め、スラム街に暮らす女性の姿を描いたドラマ。家計のために手を出した麻薬売買によって逮捕される女性とその家族の様子を映し出す。主演は、本作で第69回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞したジャクリン・ホセ。マニラのスラム街の人間模様に引き込まれる。

あらすじ:マニラのスラム街で、小さなコンビニエンスストアを夫婦で営みながら、4人の子供を育てるローサ(ジャクリン・ホセ)。ローサは地元の人気者だったが、家計のために少量の麻薬を扱っていたことが原因で、夫と共に逮捕されてしまう。子供たちは、腐敗した警察から両親を取り戻そうと力を尽くすが……。

ローサは密告された
(C) Sari-Sari Store 2016

映画短評

  • 清水 節
    ドキュメンタリータッチを超え、社会悪を再現し告発する強い意志
    ★★★★
    »読む«閉じる

     生きていくための麻薬売買。警察の公然とした腐敗ぶり。マニラのスラム街で常態化した光景に、手持ちキャメラが肉薄していく。ドキュメンタリータッチという言葉では収まりきらぬほど、社会構造の悪循環を再現する強烈な意志が見て取れる。我々はその場に立ち会わされ、当時者性さえ覚えてしまう。過激な手法で麻薬撲滅を進めるドゥテルテが大統領になった国の、愛だの正義だのと綺麗事を言っていられない危うい日常がここにある。権力の横暴に抗うことも出来ず、保釈金を用意するために奔走する家族の姿が痛ましい。サスペンスを味わわせるためではない。ブリランテ・メンドーサ監督は、負の連鎖を断ち切らんとして告発している。

  • なかざわひでゆき
    ドゥテルテ大統領のような指導者が必要とされる現実がここにある
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     麻薬密売で夫と共に逮捕されたマニラの主婦ローサが、警察から要求された多額の「見逃し金」を収めるため金策に走る。さもなければ、子供たちが路頭に迷ってしまうからだ。
     ドキュメンタリーかと見紛うばかりの圧倒的リアリズム。驚かされるのは、市民生活の隅々にまで行き渡った麻薬汚染の深刻さと、骨の髄まで腐りきった警察組織の堕落ぶりだ。この広い世界には、我々の考える正義やモラルなど通用しない社会があることを改めて痛感させられる。
     フィリピンのドゥテルテ大統領の強硬姿勢には批判があって然るべきだと思うが、しかし本作を見ると、彼のような指導者が必要とされる現実が歴然と存在することも思い知らされるだろう。

  • くれい響
    それでも、腹は減る。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    真鍋昌平な闇の観点を持つブリランテ・メンドーサ監督だが、ふとしたことで地獄を見る主人公を、ほぼ一日で描き切った本作は、カンヌで監督賞を獲った『キナタイ マニラ・アンダーグラウンド』にかなり近い。だが、本作がより観客の心をつかんでいる理由は、肝ッ玉母ちゃんを演じたジャクリン・ホセの存在ほかならない。警察署“裏”で取調べ(という名の嫌がらせ)を受け、中盤から保釈金を工面する息子たちに焦点が当たる展開から、一瞬「これでカンヌ主演女優?」と思ったりもするが、どんなに過酷な状況でも、どんなに感情が沸き上がっても、とりあえず腹は減ることを表現したシーンに圧倒。長女が転ぶシーンなど、何気ないシーンがスゴい。

予告編・動画

第69回カンヌ国際映画祭女優賞受賞!映画『ローサは密告された』予告編

» 『ローサは密告された』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008

(C) Sari-Sari Store 2016

ポスター/チラシ

  • 映画『ローサは密告された』ポスター
    ポスター
  • 映画『ローサは密告された』チラシ
    チラシ
  • 映画『ローサは密告された』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ローサは密告された』葉書
    葉書

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ローサは密告された」 from ここなつ映画レビュー (2017年8月3日 19時0分)
    「キナタイ・マニラ・アンダーグラウンド」のブリランテ・メンドーサ監督作品。「キナタイ~」でマニラ警察の暗部を相当に見せつけられていたものだから、本作で起こる出来事をついてもかなり耐性ができていたと言えよう。さもありなん、というか。だが、マニラのスラム街で生きる「普通の人々」がこんな風であるなんて知らなかった!いやもちろんフィクションなのだけれど。ローサは4人の子供を抱えて、マニラのスラム街で夫と共に雑貨屋を営んでいた。夫はあまり仕事に熱心ではなく、ローサが仕事や生活の殆どを切り盛りしているというよくあるパタ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年7月24日の週の公開作品
  3. 『ローサは密告された』