シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ベイビー・ドライバー
英題:
BABY DRIVER
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年8月19日
(新宿バルト9ほか)
上映時間:
配給・製作会社:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

見どころ:『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』などのエドガー・ライト監督のクライムアクション。音楽に乗って天才的なドライビングテクニックを発揮する、犯罪組織の逃がし屋の活躍を描く。『ダイバージェント』シリーズなどのアンセル・エルゴート、テレビシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」などのケヴィン・スペイシー、『Ray/レイ』などのジェイミー・フォックスらが出演。主人公のユニークなキャラクター、迫力満点のカーアクションに注目。

あらすじ:幼い時の事故の後遺症によって耳鳴りに悩まされながら、完璧なプレイリストをセットしたiPodで音楽を聴くことで驚異のドライビングテクニックを発揮するベイビー(アンセル・エルゴート)。その腕を買われて犯罪組織の逃がし屋として活躍するが、デボラ(リリー・ジェームズ)という女性と恋に落ちる。それを機に裏社会の仕事から手を引こうと考えるが、ベイビーを手放したくない組織のボス(ケヴィン・スペイシー)は、デボラを脅しの材料にして強盗に協力するように迫る。

ベイビー・ドライバー

映画短評

  • くれい響
    iPod世代の『トゥルー・ロマンス』
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ドライヴ』以上に『ザ・ドライバー』のオマージュたっぷりに、ありえへん状況でのボーイ・ミーツ・ガールに、若干『ビッグ・ヒット』入った敵味方入り乱れてのクライムアクション。そして、各シーンにシンクロする40曲に及ぶサントラと、タランティーノ・チルドレンのエドガー・ライト監督が撮った、まさに“iPod世代の『トゥルー・ロマンス』”。音楽が流れないシーンも、じつにリズミカルで、アンセル・エルゴートの好演や『ラスベガスをぶっつぶせ』を思い起こさせるケヴィン・スペイシーの親分っぷりにも震える。シリアス色が強まる展開から、終盤にかけての息切れは否定できないが、衝撃のアバンタイトルは間違いなくコトイチ!

  • 平沢 薫
    快感!ポップソングとアクションがシンクロ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     全米大ヒットも納得、エドガー・ライト監督らしさはそのままで、しかもこの監督を知らない観客にも楽しめる。ポップミュージックとアクションがシンクロする楽しさはこの監督のいつもの得意技だが、それが今回は映画全編で持続。主人公がずっとイヤホンでポップソングを聴いているという設定で、その曲が全編で流れ、人の動作もカーアクションも銃撃戦も、すべてポップソングとシンクロするのだ。アクションと音楽が同期してダイレクトに身体感覚を刺激、それだけで気持ちいい。この快感を感じるのに、オタクな知識は不要。選曲も有名曲が多く、セリフで曲名を教えてくれたりもする。そのうえでギャグのセンスはいつもと同じ。それも嬉しい。

  • 森 直人
    いま最も中学生マインドで素直におすすめしたい男子映画!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    素敵じゃないか! ジョン・スペンサーの「ベルボトムズ」を皮切りに、背の高いベイビー(A・エルゴート、190cm越え)が耳にiPodのイヤホンをつっこんでドライビング。E・ライト監督の映画音楽はいつも彼の「プレイリスト」だが、それを全面展開し、完璧にアクションと同期させる事で大傑作をモノにした!

    お話はガキっぽくも王道だ。ボーイ・ミーツ・ガール。燃費の良い実用車(スバルとか)に、B級な美女と犯罪。海外でカーチェイス版『ラ・ラ・ランド』との評が出たが、古典的な映画の形をカジュアル&趣味的に改造した点においてもD・チャゼルの仕事に通じると思う。ライトにはルースターズ版「テキーラ」を教えてあげたい!

  • 猿渡 由紀
    甘い恋物語もある、犯罪アクション版「ラ・ラ・ランド」(?)
    ★★★★
    »読む«閉じる

     主人公ベイビー(アンセル・エルゴート)が、ひとり車の中でiPodを聴いている最初のシーンから、もうすっかり夢中になってしまった。彼の手の動きやワイパーが音楽にぴったり合っていて、痛快なのだ。続くカーチェイスも、緊張感たっぷり。その名のとおりベイビーフェイスでおとなしい彼がこんなすごい運転をやってみせる、そのギャップがまたおもしろい。音楽は、ベイビーの次に重要なこの映画のキャラクター。彼が出会うウエイトレスとの会話で、自分の名前が出てくる歌を挙げるところなど、甘くて微笑ましい。バイオレントな世界の中に、このおとぎ話のようなプラトニックなラブストーリーが、絶妙にはまっている。

予告編・動画

エドガー・ライト最新作『ベイビー・ドライバー』予告編
ケヴィン・スペイシーが語る!映画『ベイビー・ドライバー』特別映像
ジェイミー・フォックスがクール!映画『ベイビー・ドライバー』特別映像

» 『ベイビー・ドライバー』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

ポスター/チラシ

  • 映画『ベイビー・ドライバー』ポスター
    ポスター
  • 映画『ベイビー・ドライバー』チラシ
    チラシ
  • 映画『ベイビー・ドライバー』チラシ
    チラシ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ベイビー・ドライバー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 新世代クライムアクション:映画「ベイビー・ドライバー(Baby Driver)」について from えんたほ (2017年7月26日 12時10分)
    その若者、暴走させたら凄いんです! 最近、自動車を突っ走らせる映像が結構CMに使われるようになっていて、それはちょっとした驚きでもあります。 若者が、凄い勢いで自動車ばなれしているそうで、クルマ業界には並々ならぬ危機感もあるのでしょうし、同時に、その方面の雇用を守るためにはやむなし、と、CMの放映について某社会教育団体も黙認してくれいているのかもしれませんね。 どちらにしても、映画の中のカースタントという点では、未だにハリウッドにはかなわない日本です。そんなジャンルに再び新風を吹き込むかもしれないの&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年8月14日の週の公開作品
  3. 『ベイビー・ドライバー』