シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ベイビー・ドライバー
英題:
BABY DRIVER
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年8月19日
(新宿バルト9ほか)
上映時間:
配給・製作会社:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

見どころ:『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』などのエドガー・ライト監督のクライムアクション。音楽に乗って天才的なドライビングテクニックを発揮する、犯罪組織の逃がし屋の活躍を描く。『ダイバージェント』シリーズなどのアンセル・エルゴート、テレビシリーズ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」などのケヴィン・スペイシー、『Ray/レイ』などのジェイミー・フォックスらが出演。主人公のユニークなキャラクター、迫力満点のカーアクションに注目。

あらすじ:幼い時の事故の後遺症によって耳鳴りに悩まされながら、完璧なプレイリストをセットしたiPodで音楽を聴くことで驚異のドライビングテクニックを発揮するベイビー(アンセル・エルゴート)。その腕を買われて犯罪組織の逃がし屋として活躍するが、デボラ(リリー・ジェームズ)という女性と恋に落ちる。それを機に裏社会の仕事から手を引こうと考えるが、ベイビーを手放したくない組織のボス(ケヴィン・スペイシー)は、デボラを脅しの材料にして強盗に協力するように迫る。

ベイビー・ドライバー

映画短評

  • 相馬 学
    音楽オタの脳髄に響くロックエンタテインメント
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     劇中曲とカーアクションの一体化というアイデアに尽きるが、背景にはこの2つの要素に向けられたライト監督のディープな愛情がある。製作国、ジャンル、主演などなどさまざまな点で過去のライト作品とは異なるが、オタク精神は不動だ。

     とりわけ主人公の音楽オタぶりが嬉しく、新たに好きな曲ができるとレコードで探したり、カセットテープを録音用に使用したり、アイテム面からニヤリとさせられる。

     選曲も文句ナシでチェイス時のジョンスペ、ダムド等にはアドレナリン噴出。一方で、主人公とヒロインの関係発展場面ではSTAXのスウィートソウルにトロケた。頭の中でいつも音楽が鳴っているロケンロー中毒者は必見!

  • 清水 節
    画と音のシンクロがライブ体験的快楽をもたらす革命的アクション
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     のっけから引き込まれる。見慣れた強盗→逃走でこんなにも興奮させるとは!アニメでしか成し得なかったような画と音のシンクロ。音楽に合わせて編集したのではない。撮影時に曲を流し、俳優や車のみならず、走行や銃撃戦にまで振付けを施すことで可能になった、活劇のコペルニクス的転回。身体が躍動する画と本能を揺さぶる音が絶妙に同期し、快楽の絶頂へと駆け上がる。タランティーノ的でありながらも、オマージュを捧げる名作群を、まるでiPodでシャッフル再生するかのように縦横無尽に取り込み、オタク臭を感じさせない屈託のなさ。ジャンル映画の定石を逸脱し、エンディングへ向かって意外な方向へと向かうハンドル捌きにも痺れた。

  • 山縣みどり
    『glee』風味の強盗映画は、ロマンティック?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    逃走車ドライバーの“最後の仕事”というテーマは強盗映画にありがちだけど、主人公ベイビーの心情や状況にマッチする音楽が物語を盛り上げる。ドラマ『glee』同様、既存のヒット曲を使ったジュークボックス・ミュージカルなので「知ってる」な曲もたくさんでノリやすい。楽曲の使用パートやタイミングなどすべてE・ライト監督が脚本に書き込んでいたというから驚いた。観客心理まで考えての映画製作をあざといと思う人もいるかもだが、素直に楽しむが勝ち。主役アンセル君とL・ジェイムズとの相性がよく、ロマンティックな展開にも鼻白まない。しかも若手を取り巻いたオヤジ俳優がみな怪演。特にJ・フォックスのイカレっぷりは感動的だ。

  • くれい響
    iPod世代の『トゥルー・ロマンス』
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ドライヴ』以上に『ザ・ドライバー』のオマージュたっぷりに、ありえへん状況でのボーイ・ミーツ・ガールに、若干『ビッグ・ヒット』入った敵味方入り乱れてのクライムアクション。そして、各シーンにシンクロする40曲に及ぶサントラと、タランティーノ・チルドレンのエドガー・ライト監督が撮った、まさに“iPod世代の『トゥルー・ロマンス』”。音楽が流れないシーンも、じつにリズミカルで、アンセル・エルゴートの好演や『ラスベガスをぶっつぶせ』を思い起こさせるケヴィン・スペイシーの親分っぷりにも震える。シリアス色が強まる展開から、終盤にかけての息切れは否定できないが、衝撃のアバンタイトルは間違いなくコトイチ!

  • 平沢 薫
    快感!ポップソングとアクションがシンクロ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     全米大ヒットも納得、エドガー・ライト監督らしさはそのままで、しかもこの監督を知らない観客にも楽しめる。ポップミュージックとアクションがシンクロする楽しさはこの監督のいつもの得意技だが、それが今回は映画全編で持続。主人公がずっとイヤホンでポップソングを聴いているという設定で、その曲が全編で流れ、人の動作もカーアクションも銃撃戦も、すべてポップソングとシンクロするのだ。アクションと音楽が同期してダイレクトに身体感覚を刺激、それだけで気持ちいい。この快感を感じるのに、オタクな知識は不要。選曲も有名曲が多く、セリフで曲名を教えてくれたりもする。そのうえでギャグのセンスはいつもと同じ。それも嬉しい。

  • 森 直人
    いま最も中学生マインドで素直におすすめしたい男子映画!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    素敵じゃないか! ジョン・スペンサーの「ベルボトムズ」を皮切りに、背の高いベイビー(A・エルゴート、190cm越え)が耳にiPodのイヤホンをつっこんでドライビング。E・ライト監督の映画音楽はいつも彼の「プレイリスト」だが、それを全面展開し、完璧にアクションと同期させる事で大傑作をモノにした!

    お話はガキっぽくも王道だ。ボーイ・ミーツ・ガール。燃費の良い実用車(スバルとか)に、B級な美女と犯罪。海外でカーチェイス版『ラ・ラ・ランド』との評が出たが、古典的な映画の形をカジュアル&趣味的に改造した点においてもD・チャゼルの仕事に通じると思う。ライトにはルースターズ版「テキーラ」を教えてあげたい!

  • 猿渡 由紀
    甘い恋物語もある、犯罪アクション版「ラ・ラ・ランド」(?)
    ★★★★
    »読む«閉じる

     主人公ベイビー(アンセル・エルゴート)が、ひとり車の中でiPodを聴いている最初のシーンから、もうすっかり夢中になってしまった。彼の手の動きやワイパーが音楽にぴったり合っていて、痛快なのだ。続くカーチェイスも、緊張感たっぷり。その名のとおりベイビーフェイスでおとなしい彼がこんなすごい運転をやってみせる、そのギャップがまたおもしろい。音楽は、ベイビーの次に重要なこの映画のキャラクター。彼が出会うウエイトレスとの会話で、自分の名前が出てくる歌を挙げるところなど、甘くて微笑ましい。バイオレントな世界の中に、このおとぎ話のようなプラトニックなラブストーリーが、絶妙にはまっている。

予告編・動画

エドガー・ライト最新作『ベイビー・ドライバー』予告編
ケヴィン・スペイシーが語る!映画『ベイビー・ドライバー』特別映像
ジェイミー・フォックスがクール!映画『ベイビー・ドライバー』特別映像
斎藤工&板谷由夏が『ワンダーウーマン』など8月下旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『ベイビー・ドライバー』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

ポスター/チラシ

  • 映画『ベイビー・ドライバー』ポスター
    ポスター
  • 映画『ベイビー・ドライバー』チラシ
    チラシ
  • 映画『ベイビー・ドライバー』チラシ
    チラシ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ベイビー・ドライバー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画:ベイビー・ドライバー Baby Driver 音楽映画と、カーアクション映画が合体してみたら ...すこぶる面白い!(笑) from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2017年10月9日 0時35分)
    製作総指揮・監督・脚本=エドガー・ライト エドガー・ライトと言えば「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ俺たちスーパーポリスメン!」「スコット・ピルグリム vs 邪悪な元カレ軍団」 で、本作がハリウッド・デビュー! 彼のハリウッド・デビュー戦略は、 音楽映画+カーアクション映画を合体し、面白く仕上げる事。 設定はこうだ。 天才的なドライバーだが、弱味を握られ銀行強盗などの暗黒世界に手を貸さざる得ない男。 彼はある事故が原因で耳鳴りが止まらないが、音楽を. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ベイビー・ドライバー」:巷の高評価ほどでは・・・ from 大江戸時夫の東京温度 (2017年9月4日 23時21分)
    映画『ベイビー・ドライバー』は、あのエドガー・ライト監督作品とは思えぬ「お笑い抜 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ベイビー・ドライバー」 from 元・副会長のCinema Days (2017年9月4日 6時32分)
    (原題:BABY DRIVER )世評通りの面白さだ。ストーリーはありがちだが、キャラクター設定と“仕掛け”が抜群に上手く、最後までまったく飽きさせない。一部では“カーチェイス版「ラ・ラ・ランド」”という声もあるらしいが、はっきり言って「ラ・ラ・ランド」より遙かに... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ベイビー・ドライバー from エンターテイメント日誌 (2017年9月1日 8時22分)
    評価:B 映画公式サイトはこちら。 本作が傑作であることを認めるのは吝(やぶさ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ベイビー・ドライバー 評価と感想/ウォルター・ヒル監督万歳! from eigamanzaiの映画レビュー (2017年8月22日 17時23分)
    何だもうこの語彙力崩壊する感じ ☆5点 『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』などのエドガー・ライト監督によるオリジナル脚本で強盗の逃がし屋を主人公にしたカークライムアクション+ミュージカル。主演はアンセル・エルゴート、共演にリリー・ジェームズとケヴィン・スペイシー 予告編はこんな感じです 映画『ベイビー・ドライバー』予告編【予告解禁】全米映画批評No.1サイト ロッテン・トマトで驚異の100%! 犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する青年“ベイビー”。彼の天才的なドライビング・テクは、音楽を&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年8月14日の週の公開作品
  3. 『ベイビー・ドライバー』