シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
僕のワンダフル・ライフ
(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC
英題:
A DOG’S PURPOSE
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年9月29日
(TOHOシネマズ 日劇ほか)
上映時間:
配給:
東宝東和
カラー

見どころ:W・ブルース・キャメロンのベストセラー小説を、『HACHI 約束の犬』などのラッセ・ハルストレム監督が映像化したドラマ。少年に命を救われたゴールデンレトリバーが、転生を繰り返しながら自分の使命に気付く物語が描かれる。主人公の犬の声を『美女と野獣』などのジョシュ・ギャッドが担当し、若き日の飼い主をK・J・アパが好演。共演は、ブリット・ロバートソン、ジョン・オーティス、デニス・クエイドら。

あらすじ:ゴールデンレトリバーの子犬ベイリーは、少年イーサンに命を救われてからいつも一緒に過ごすようになり、彼と強い絆を育む。やがて青年に成長したイーサンは大学入学で故郷を離れ、ベイリーは年老いて死を迎えるはずだった。だが、ベイリーはイーサンに会いたい一心で何度も姿を変えて生まれ変わり……。

僕のワンダフル・ライフ
(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

映画短評

  • 清水 節
    繰り返し犬が黄泉がえり、疲れ切った人の心を癒す最良の犬映画
    ★★★★
    »読む«閉じる

     都合よく犬を擬人化しすぎという批判は野暮の極み。人の心を解するが、人と会話はできない犬ベイリーの目線を通し、人間社会を見つめる物語は、もどかしくもいじらしい。生きる目的を自問しながら飼い主の幸福を第一に愛情を注ぎ、土地を変え犬種を変え、何度も犬として転生する。時代を追うごとに、ホームドラマ、警察ドラマ、ロマンスへとスタイルを変えつつ、60年代からのアメリカ半世紀の変化を俯瞰する構成も心憎い。繰り返し黄泉がえる目的とは何か。人と犬が共にそれを悟るとき、マイライフ・ウィズ・ドッグズな監督ラッセ・ハレストレムならではの情感は最高潮に達する。挫折を味わい疲れ切った心を癒すドッグ・ムービーの到達点だ。

  • なかざわひでゆき
    ワンちゃんたちの名演技に犬好き&動物好きはメロメロです
    ★★★★
    »読む«閉じる

     最愛の飼い主との再会を願って輪廻転生を繰り返す犬の物語。ある時は人間の悲しみや孤独を癒し、ある時は人間に勇気や元気を与えてくれる忠犬の深い愛情が描かれる。
     動物愛護協会の推薦も必至なコテコテの感動ストーリーは少々気恥ずかしくなるが、涙とユーモアのさじ加減も絶妙なハルストレム監督の演出には嫌みがないし、なにより犬好き&動物好きのハートをわし掴みにするワンちゃんたちの名演技にやられる。
     物語の背景に投映される米国近代史の移り変わりも郷愁を誘うし、‘60年代のファッションアイコンにして元クインシー・ジョーンズ夫人ペギー・リプトンが、初老になったヒロインを演じているのも嬉しい驚きだ。

  • 山縣みどり
    猫ブームに押され気味だけど、犬はやっぱりベストフレンド!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    猛暑の車内から助け出してくれた少年イーサンと幸せな犬生を過ごした犬ベイリーが「イーサンを幸せにする」ために何度も生まれ変わる、とプレミスだけで泣ける物語。輪廻転生して別の犬種になったベイリーと新たな飼い主たちの関係性は時代によって異なるけれど、基本のドラマ部分はかなりお涙頂戴な展開。見る人によっては「ケッ」となる可能性大かも。でも、これは一種のファンタジーだし、登場する犬たちの可愛らしさに免じて許してほしい。可愛いけどツンデレの猫と違って、飼い主に惜しみない愛情を注いでくれる犬ってやっぱり人間のベストフレンドなんだな~と実感。しかもベイリーは、恋も取り持ってくれる気の利く名犬なのだ。

  • 平沢 薫
    "犬がこんなこと考えていたらいいなあ"を描くファンタジー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     犬好きの"犬がこんなことを考えていたらいいなあ"という願望をそのまま描いたファンタジーの趣き。子犬が、飼い主の少年に純粋な愛情を注がれて、自分も無償の愛を注ぎ返し、それによって幸福になる。その原体験があるために、犬は何度も死んで生まれ変わるが、そのたびに飼い主に無償の愛を注いでいく。そんな犬の心の声を演じるのは「アナと雪の女王」のオラフの声役のジョシュ・ギャッド。彼の演技が素晴らしすぎ、観客がそのときの犬の気持ちを想像するより早く、セリフでそれを語ってしまうのがちょっと残念な気もするが、そういう言わずもがななものを、あえて我慢できずに言ってしまうようなところも犬っぽいのかも。

予告編・動画

『HACHI 約束の犬』などのラッセ・ハルストレム監督作!映画『僕のワンダフル・ライフ』予告編
可愛い犬の映像が盛り沢山! 映画『僕のワンダフル・ライフ』フィーチャレット映像
斎藤工&板谷由夏が『アウトレイジ 最終章』など10月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『僕のワンダフル・ライフ』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

ポスター/チラシ

  • 映画『僕のワンダフル・ライフ』ポスター
    ポスター

キャスト

10代のハンナ:
10代のイーサン:
大人のイーサン:
大人のハンナ:
(声の出演)
ベイリー/バディ/ティノ/エリー:
ベイリー:
10代のイーサン:
10代のハンナ:
大人のイーサン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『僕のワンダフル・ライフ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 僕のワンダフル・ライフ 評価と感想/こんなん絶対泣く(笑) from eigamanzaiの映画レビュー (2017年10月16日 17時9分)
    動物と子供には勝てない(笑) ☆4.5点 2010年にアメリカで出版されると49週に亘りベストセラーランキング入りしたW・ブルース・キャメロン著「野良犬トビーの愛すべき転生(原題:A Dog’s Purpose)」の映画化で監督はラッセ・ハルストレム、出演にデニス・クエイドとペギー・リプトン 予告編 『僕のワンダフル・ライフ』予告編『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督最新作にして、ドッグシリーズの集大成ともいえる『僕のワンダフ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「僕のワンダフル・ライフ」の試写をみて from toomilog (2017年9月14日 7時30分)
    映画「僕のワンダフル・ライフ」の試写を見てきました! ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年9月25日の週の公開作品
  3. 『僕のワンダフル・ライフ』