シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
犬猿
(C) 2018『犬猿』製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2018年2月10日
(テアトル新宿ほか)
上映時間:
製作:
『犬猿』製作委員会
製作プロダクション:
スタジオブルー
配給:
東京テアトル
カラー

見どころ:『麦子さんと』『ヒメアノ~ル』などの吉田恵輔監督が窪田正孝らを迎え、兄弟と姉妹をテーマに描いたドラマ。刑務所から出所したばかりの凶暴な兄と真面目な弟、家業を切り盛りする姉とおバカな妹の対立がエスカレートしていくさまを映す。新井浩文と窪田が兄弟を、お笑いコンビ「ニッチェ」の江上敬子とモデルの筧美和子が姉妹を演じる。

あらすじ:印刷会社で営業を担当している金山和成(窪田正孝)は、刑務所から出てきたばかりの乱暴者の兄・卓司(新井浩文)を恐れていた。一方、幾野由利亜(江上敬子)と、芸能活動をしているおバカな妹の真子(筧美和子)は、家業の印刷工場を切り盛りしていた。兄弟と姉妹の関係は、あるときから変化し始め……。

犬猿
(C) 2018『犬猿』製作委員会

映画短評

  • なかざわひでゆき
    「きょうだい」とは良くも悪くも自分自身の写し鏡
    ★★★★
    »読む«閉じる

     真面目で堅実な弟と、落ちこぼれでヤクザな兄。美人だけどオツムの弱い妹と、仕事は出来るけど見た目の冴えない姉。そんな2組の「きょうだい」の因縁バトルを描いたコメディである。
     赤の他人だったら無視するなり距離を置くなりすれば済むレベルだけど、身近な近親者だからこそ無性にイラっとする「目の上のタンコブ」感が絶妙。些細ないざこざが雪だるま式に膨れ上がりこじれていくのだが、結局のところ、良くも悪くも「きょうだい」って自分自身の写し鏡なんだよね、と気づかされるわけだ。
     パッと見だけでハマリ役のニッチェ江上敬子は予想以上の好演。ただのいい話で終わらせないオチもグッドだ。

  • 斉藤 博昭
    「ほっこり」と「緊迫」。そのテンポよきメリハリ感
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    前作『ヒメアノ~ル』ではコミカルで軽快なムードが、真ん中で暗転。後半とのギャップで驚かせた吉田恵輔監督が、今回は軽めの日常描写に、ちょこちょこと危険な事件が起こりそうな気配を挿入。そのハイテンポな転換が、緩急自在のジェットコースターのようで、観る者の好奇心を途切れさせない。兄弟姉妹の確執と、スリルの予感の波に心地よく飲み込まれるのは、巧妙な脚本はもちろん、キャストと役の恐ろしいまでの一体感の成果だろう。

    真面目すぎる自分が嫌になったり、よかれと思った行為が無下に扱われたり……。“肉親あるある”なネタを詰め込んで人間の本性を追求しながら、小むずかしい物語になっていないのも好印象。

  • くれい響
    『さんかく』から“しかく”だけじゃない!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    根強い人気を持つ『さんかく』から8年、吉田恵輔監督が今度は男女4人の愛憎劇を描く本作。しかも、ライバルとしての兄弟・姉妹という意味では、『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の発展形であり、『ヒメアノ~ル』を経て、新井浩文演じる長男を巡るバイオレンス描写の巧さが映える。そういう意味では、得意ジャンルにして、今の吉田監督だから描ける人間ドラマに仕上がった。メジャー大作への出演が続いてた窪田正孝も古巣に戻ってきたかように活き活きとし、時折魅せる狂気も鳥肌モノ。そして、映画初出演にして、ベテランの貫禄すら漂わせる江上敬子。入口と出口の違いも魅力的な吉田作品だが、今回も冒頭から腰を抜かす仕掛けが待ち受ける!

  • 森 直人
    気が早いようだけど傑作なのでとりあえずのメモ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    作った映画全てが面白い吉田恵輔監督が、高いハードルの期待に堂々応える新作だ。一見「似ていない」兄弟・姉妹の相互コンプレックスを主軸にしつつ、狭い生息地域のしょ~もない人間模様だけで、世界はこうなっている、というメカニズムを描き尽くす。吉田イズムの見事なヴァリエーションだと思う。

    「その鞄、服に合ってないよ。もっと小さい方がいいんじゃない?」など何気ない台詞がいちいちリアル。この先は地獄、という一歩を一緒に踏み込んでしまうギリギリアウト感も健在。黒ヨシダと白ヨシダのせめぎ合いの中、「いい話」に旋回してもあくまで腹八分目。役者良すぎ。新井&窪田の巧さはもちろん、ニッチェ江上&筧は名優に覚醒!

予告編・動画

吉田恵輔監督が描く壮絶な兄弟&姉妹ゲンカ…『犬猿』予告編
窪田正孝&新井浩文、リアル犬猿の仲?「まったく趣味が合わない」 映画『犬猿』プレミア上映会
窪田正孝の笑顔がめちゃくちゃ可愛い!映画『犬猿』メイキング映像 その1
ニッチェ江上の顔芸に監督爆笑!映画『犬猿』メイキング映像 その2

» 『犬猿』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012
  • 写真013
  • 写真014
  • 写真015

(C) 2018『犬猿』製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『犬猿』ポスター
    ポスター
  • 映画『犬猿』チラシ
    チラシ
  • 映画『犬猿』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『犬猿』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
音楽: めいなCo.
エグゼクティブプロデューサー: 加藤和夫 / 村上比呂夫
プロデューサー: 佐藤現 / 近藤あゆみ
音楽プロデューサー: 津島玄一
キャスティングディレクター: 杉野剛
撮影: 志田貴之
照明: 疋田淳
録音: 田中博信
美術: 寺尾淳
編集: 川村紫織
音響効果: 松浦大樹
助監督: 松倉大夏
製作担当: 森太郎 / 本田幸宏
脚本協力: 仁志原了
主題歌: ACIDMAN

キャスト

金山和成:
金山卓司:
幾野由利亜:
幾野真子:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『犬猿』の映画ニュース

  • ![映画でグルメツアーをしちゃおう!](01.jpg "映画でグルメツアーをしよう! - JoeGough / Getty Images") 映画で観て憧れていた食べ物を、実際に食べることができたときの感...ストランがあり、2店は営業方針をめぐって犬猿の仲に。インド料理を徹底的に軽蔑していた...
  • ギレルモ・デル・トロ監督が2013年に発表した映画『パシフィック・リム』で、未知の巨大生物と戦う主人公たちをサポートする科学者コンビを演じたチャーリー・デイとバーン...難しい数理学者ハーマン・ゴットリーブは、犬猿の仲でありながら、最後は互いに理解し合い...
  • お笑いコンビ・ニッチェの江上敬子(33)が15年前の写真をオフィシャルブログやTwitterで公開。「若い! 痩せてる!」と自身も驚いたようにつづっており、ファンからは「可愛...・姉妹の嫉妬や愛憎を描いた公開中の映画『犬猿』で“仕事はできるがブスな姉”を演じ、持ち...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 犬猿 評価と感想/原作モノを撮って進化した吉田恵輔監督オリジナル作品 from eigamanzaiの映画レビュー (2018年2月13日 17時53分)
    脚本良し、演出良し、役者良しの傑作 ☆5点 『銀の匙 Silver Spoon』や『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督による『麦子さんと』以来4年ぶりとなるオリジナル脚本作品で2組の兄弟姉妹の確執を描く。 主演に窪田正孝、新井浩文、お笑いコンビのニッチェの江上敬子、筧美和子 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) 犬猿映画『犬猿』の作品情報:『麦子さんと』『ヒメアノ~ル』などの吉田恵輔監督が窪田正孝らを迎え、兄弟と姉妹をテーマに描いたドラマ。刑務所から出所したばかりの凶暴な兄と真面目な弟、家業を切り盛りす&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「犬猿」: from 大江戸時夫の東京温度 (2018年2月11日 22時56分)
    映画『犬猿』は、吉田恵輔監督(脚本も)らしくシニカルに奥底まで人間を見つめた作品 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年2月5日の週の公開作品
  3. 『犬猿』