シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

見どころ:マーベルのキャラクターで、国王とヒーローの顔を持つ男を主人公にしたアクション。超文明国ワカンダの国王だった父親を失ったブラックパンサーが、国の秘密を守るため世界中の敵と戦う。監督は『クリード チャンプを継ぐ男』などのライアン・クーグラー。『42 ~世界を変えた男~』などのチャドウィック・ボーズマンがブラックパンサーにふんし、『それでも夜は明ける』などのルピタ・ニョンゴらが共演。

あらすじ:アフリカの秘境にあるワカンダで産出される鉱石ヴィブラニウムは、全てを破壊してしまうほどのパワーを持つ。歴代の王は、悪用されないように鉱石の存在を極秘にしていた。若くして王になったティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)は、謎の男エリック・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)がワカンダに潜入しようとしていることを知り……。

ブラックパンサー
(C) Marvel Studios 2018

映画短評

  • 清水 節
    ヒーロー映画を変える、可能性と誇りに満ちた新世代アフリカ神話
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     マーケティング至上主義からは生まれなかった、欧米カルチャー追従型ではない画期的なスーパーヒーロー映画だ。主要キャストとスタッフは黒人で占められる。白人からの侵略と収奪に苦悩した歴史を踏まえ、新世代アフリカ系アメリカ人の神話に昇華させた。悪は武力闘争をも辞さない男。自国ファーストで土着文化を守るべきか、世界と交わり貢献していくべきかというせめぎ合いは批評性に富んでいる。プロダクションデザイナーは『ムーンライト』のハンナ・ビークラー。オリジナリティ溢れる色彩、デザイン、そして独自のサウンドが心身を刺激する。民族の可能性と誇りを全開させた本作の成功は、ヒーロー映画のメルクマールになるに違いない。

  • くれい響
    アマゾン族の王女にも負ける気がしない!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    アマゾン族の王女に対し、「MCU」からワカンダの国王が降臨! 脇の女性キャラも魅力的な『ワンダーウーマン』らしさ、王座をめぐるシェイクスピア的展開は『マイティ・ソー』らしさもあるが、とにかく“クリード”ことマイケル・B・ジョーダン演じる宿敵キルモンガーの存在感がハンパない。しかも、前作『クリード チャンプを継ぐ男』同様、偉大な父を持つ“2代目”としての葛藤を描く重厚なストーリーにおいて、前作同様の長回しの格闘シーンは効果的だ。自然な流れで『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のテロ事件との関係性も描かれる構成や、ブラックスプロイテーション・ムービーとしての面白さもあり、全米での熱狂も頷ける。

  • 平沢 薫
    太鼓の音が、身体の奥深くにある感覚を刺激する
    ★★★★
    »読む«閉じる

     太鼓が連打されて動悸が速まる。音楽、色彩、デザインが、身体の奥深くにある感覚を刺激してくる。それは、耳から入ってくるもの、目から入ってくるものが、分かりやすくストレートに、古来からのアフリカの太鼓、民族衣装、紋様を踏まえているからだろう。
     世界最先端の科学技術国ワカンダを描く映画に、若い黒人クリエイターが集結、やろうと思えば現代的なブラック・カルチャーを全面的に押し出した音と色彩による映像化も可能だ。そこを、あえて伝統的文化に立脚する形で描いたのは、作り手たちがスーパーヒーロー・アメコミが一種の神話であることを熟知しているからだろう。映画の冒頭から、語り継がれる物語として描かれている。

  • なかざわひでゆき
    トランプ時代のアメリカにNOを突き付ける傑作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     これまでにも世界の今、アメリカの今を、物語に少なからず投影してきたマーベル・ヒーロー映画だが、本作はその真骨頂と言えよう。
     スーパーヒーローである以前に国家元首として、自国の利益だけを優先する保守主義を貫くべきか、それとも国境の壁を取り払って自国の富と資源と技術を世界と共有して人類の平和に役立てるのか、その二者択一を迫られるブラックパンサー。そんな彼が封印された過去の歴史から生まれた復讐者と対峙し、分断と対立の危機に直面する。
     トランプ時代のアメリカに真正面からNOを突き付け、憎悪ではなく融和、戦いではなく団結こそが人類の未来を切り開くと高らかに謳いあげる野心作。今絶対に見るべき一本だ。

  • 猿渡 由紀
    さすが、ライアン・クーグラー!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    大型予算をかけたアメコミ映画。だが、全編通してパーソナルな視点と雰囲気があるのは、さすが「フルートベール駅で」のライアン・クーグラーならでは。出だしからして、北カリフォルニア州オークランドの黒人が多く住む住宅街なのである。アメコミの世界にどっぷり入ってからも、富や知識を恵まれない国の人たちとも分かち合うべきかとか、リーダーとは、など、タイムリーな問題に触れられていく。このジャンルで主要キャストのほとんどが黒人というのはもちろん画期的だが、女性陣の暴れっぷりも特筆すべき。それも、セクシー美女が紅一点的に出るのではないのだ。間違いなく、映画史上ずっと語り継がれる作品である。

  • 斉藤 博昭
    マーベル他作との関係=しがらみを気にせず、単体で楽しめる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    他作品とのリンクも見どころとなるマーベル映画で、これは単独のストーリーとして、妙な寄り道がない作りが爽快。
    まず、アフリカの架空の国、ワカンダの土地柄や伝統、ハイテク社会の映像で、未体験ワールドに導かれる快感を提供。ライアン・クーグラー監督は、『クリード チャンプを継ぐ男』でも格闘の見せ方が秀逸だったが、今回もアクション場面を、ひじょうに見やすい構図や編集で作り上げた。
    漆黒の闇にしなやかに躍動するブラックパンサーはもちろん、敵のキルモンガーも戦闘のカッコよさで、観る者の本能を刺激する。物語はギリシャ神話のような荘厳さも備え、あらゆる要素が、アクション映画として文句ナシの仕上がり。

予告編・動画

マーベル新ヒーロー!『ブラックパンサー』日本版本予告編
闇に浮かぶヒーロー『ブラックパンサー』特報
マーベル新ヒーロー『ブラックパンサー』特別映像
斎藤工&板谷由夏が『グレイテスト・ショーマン』など2月下旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『ブラックパンサー』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009

(C) Marvel Studios 2018

ポスター/チラシ

  • 映画『ブラックパンサー』ポスター
    ポスター
  • 映画『ブラックパンサー』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『ブラックパンサー』『マイティ・ソー バトルロイヤル』『ブラックパンサー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』豪華プレミアム付ムビチケカード・セット限定、3作品のマーベルコミックカバー・ポストカード3枚セット+オリジナル・スチールケース
    『マイティ・ソー バトルロイヤル』『ブラックパンサー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』豪華プレミアム付ムビチケカード・セット限定、3作品のマーベルコミックカバー・ポストカード3枚セット+オリジナル・スチールケース
  • 映画『ブラックパンサー』US版ティーザービジュアルポスター(A3サイズ)
    US版ティーザービジュアルポスター(A3サイズ)
  • 映画『ブラックパンサー』キャラクター・コレクタブルカードセット(4枚1セット・3種類あり)
    キャラクター・コレクタブルカードセット(4枚1セット・3種類あり)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
プロダクションデザイン: ハンナ・ビークラー
視覚効果・アニメーション: インダストリアル・ライト&マジック
視覚効果監修: ジェフリー・バウマン
ビジュアル開発主任: ライアン・メイナーディング
キャスティング: サラ・ハリー・フィン

キャスト

ティ・チャラ/ブラックパンサー:
エリック・キルモンガー:
オコエ:
エヴェレット・ロス:
ユリシーズ・クロウ:
ティ・チャラ/ブラックパンサー:
キルモンガー:
ウカビ:
ナキア:
エヴェレット・ロス:
オコエ:
シュリ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ブラックパンサー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ブラックパンサー』 持てる者の義務 from 映画のブログ (2018年4月6日 0時41分)
    【ネタバレ注意】  「危機にあって、賢者は橋を架け、愚者は壁を作る。」  (In times of crisis, the wise build bridges, while the foolish build barriers.)  マーベル・シネマティック・ユニバースの18作目『ブラックパンサー』は、史上最高のスーパーヒーロー映画と呼ばれるだけあって、前代未聞の傑作だ。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ブラックパンサー」@TOHOシネマズ渋谷 from 新・辛口映画館 (2018年3月28日 18時41分)
    公開から20日以上過ぎた月曜日の夕方。スクリーン1は、auユーザーが割引料金で鑑賞できる「auマンデー」と重なり、8~9割位のほぼ満席状態である。若い男性客が多い。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ブラックパンサー」:Black is beautiful. from 大江戸時夫の東京温度 (2018年3月14日 0時1分)
    映画『ブラックパンサー』を、『ピンクの豹(ピンクパンサー)』と2本立てで観たいで ...[外部サイトの続きを読む]
  • ブラックパンサー 評価と感想/タイガーマスクvsブラックタイガーということでよろしいか? from eigamanzaiの映画レビュー (2018年3月8日 12時51分)
    国王陛下の苦悩を描く ☆3点 マーベル・シネマティック・ユニバースの第18弾で2016年の第13弾『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初登場したブラックパンサーの初単独作品。 監督はライアン・クーグラー、主演はチャドウィック・ボーズマン、共演にマイケル・B・ジョーダン、ルピタ・ニョンゴ、フォレスト・ウィテカー 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) ブラックパンサー映画『ブラックパンサー』の作品情報:マーベルのキャラクターで、国王とヒーローの顔を持つ男を主人公にしたアクション。超文明国ワカンダ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ブラックパンサー・・・・・評価額1750円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2018年3月3日 21時31分)
    守るべきか、分かち合うべきか。 2016年に公開された「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」でMCU初登場を飾った、アフリカ出身のスーパーヒーロー、ブラックパンサーの単独作品第一弾。 世界やら宇宙やらを救ってしまう「アベンジャーズ」系と違って、超科学王国ワカンダの王位継承を巡るお家騒動の話で、その意味では「マイティ・ソー」に近いのだが、過去のマーベル作品とは違った“正義に関する葛藤... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年2月26日の週の公開作品
  3. 『ブラックパンサー』