シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
人生はシネマティック!
(C) BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016
英題:
THEIR FINEST
製作年:
2016年
製作国:
イギリス
日本公開:
2017年11月11日
(新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか)
上映時間:
配給:
キノフィルムズ
シネマスコープ/カラー

見どころ:第2次世界大戦中のイギリスを舞台に、コピーライターの秘書が脚本家として奔走する姿を描く人間ドラマ。偶然書いたコピーを気に入られたヒロインが、国民を励ますための映画の脚本家に抜てきされ奮闘する様子を映す。監督は『17歳の肖像』などのロネ・シェルフィグ。『ビザンチウム』などのジェマ・アータートンや、サム・クラフリン、ビル・ナイらが出演している。

あらすじ:第2次世界大戦中のロンドン。コピーライターの秘書として働くカトリン(ジェマ・アータートン)の書いたコピーが評価され、映画の脚本陣に加わることになる。テーマは、ダンケルクの戦いでナチスドイツ軍から兵士を救った双子の姉妹の感動秘話。ところが、ベテラン俳優のわがままや政府と軍部の検閲などのトラブルが発生し、そのたびに脚本を書き直すことになる。

人生はシネマティック!
(C) BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016

映画短評

  • 中山 治美
    『ダンケルク』鑑賞者は必見!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ダンケルク』後だと一層味わいを増す。
    同作は”史上最大の撤退作戦”の困難さと恐怖を甦らせてはいるが、意義までは描いていない。
    プロパガンダ映画の製作を巡る政府と映画人の攻防戦を描いた本作から、人々がどのように受け止めたのか当時の空気を感じ取ることができるだろう。
    そう、映画は戦意高揚に利用された暗い歴史を持つ。
    そんな状況下で文才とユーモアで、密かな抵抗を試みた女性脚本家のなんと魅力的なことか。
    『幸せになるためのイタリア語講座』の監督らしい女性への応援歌でもあり、戦時中でも映画の灯を絶やさなかった先輩たちへのオマージュでもあり。
    全編を貫く優しさと愛が、心をじんわり温めてくれる作品だ。

  • なかざわひでゆき
    映画の持つ力を高らかに謳いあげる秀作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     第二次世界大戦下のロンドン。ドイツ軍の空襲によって明日をも知れぬ身の一般庶民に、夢と希望、勇気と感動を与えるべく映画作りに奔走する人々をユーモアたっぷりに描く。映画とは娯楽か芸術か。そんなよくある不毛な論議を一蹴するかのように、映画というメディアの持つ力を高らかに謳いあげる。
     と同時に、これは女性の社会的地位がまだ低かった時代に、脚本家として自立していく女性の成長物語でもあるのだが、その意志の目覚めをフェミニズムではなくヒューマニズムへと昇華している点もいい。映画を通して社会に貢献する。そこに人としての誇りと生き甲斐を見出すヒロインを、ジェマ・アータートンが清々しく演じて素敵だ。

  • 山縣みどり
    より良い作品を作りたい映画人の心意気が伝わる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    第二次大戦中、言葉の才能を買われて脚本家チーム入りしたカトリンの姿にフェミニズムを感じた。ロンドン空襲や映画製作を通して人間として、キャリア女性として成長する過程に説得力アリ。プロパガンダ映画というと国威掲揚エイエイオーな感じだけど、カトリンはじめとする映画人の戦争で疲弊した国民を勇気づけようと一丸となった感じが好感度高し! 彼らが情報省からの横やりに四苦八苦しながら、創意工夫で頑張る姿に映画ファンならニヤリとする場面が満載。アナログな特撮やスロップ(女性の台詞)なんて専門用語も気分を盛り上げる。そして、老いてもイケメン気分が抜けない俳優役のビル・ナイもいつも以上にチャーミングだ。

  • 猿渡 由紀
    働く女性の奮闘と恋を描く、泣けても明るい気持ちにさせる作品
    ★★★★
    »読む«閉じる

    日本では「ダンケルク」が先に公開されたためにそこが強調されているようだが、そのつながりは最も重要ではない部分。40年代を舞台にしたこの映画の主人公が、 当時作られたダンケルクの戦いについての映画の脚本家だというだけ。それ以前に、今作は、働く女性の奮闘もの。さらに恋愛ものでもあり、映画業界の舞台裏ものでもあり、かつ、戦地から離れていつつも戦争の恐怖に日々さらされている現実を描くものでもある。それらのバランスを絶妙に取っているのが、なんともすごいところ。悲しさもたっぷりあるが、ポジティブな視点を決して失わない。元気をくれる、素敵な映画だ。

  • 斉藤 博昭
    いやぁ、映画って本当にいいもんですね
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ダンケルクの戦いを題材に戦意昂揚映画を撮る、“裏ノーラン作品”的な設定は、前半、思いのほか淡々と進み、セリフがささやくように小さいシーンもあったり、ドラマチックな感覚には程遠い。
    しかしこの落ち着いたトーンが、近年の映画の「豪華テンコ盛り感」へのアンチテーゼのようで、徐々に心地よくなるから不思議。余白に美意識を感じる、日本の「わび・さび」に通じる境地を味わった。悲劇も、あえてさり気なく、静かに演出されることで胸の奥にしみわたる。要所のユーモアも的確。
    そして亡き人の思いと主人公の信念が「映画の力」で結びつくラストは、あの『アルゴ』にも似た感覚。今は亡き映画解説者の名セリフが聞こえてきそう。

  • 平沢 薫
    プロパガンダ映画の舞台裏を描きつつ映画論にもなっている
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     映画は虚構だ、それゆえに魅力的だ---この立ち位置から物語が始まるのがいい。本作は、第二次世界大戦下の英国で撮影される戦争プロパガンダ映画の舞台裏を写実的なタッチで描きつつ、観客に今見ているものもまた映画であることを、何度も意識させる。例えば、新人脚本家であるヒロインに、先輩脚本家がなぜ人々は映画を見るのかという持論を語る。そして映画の外では、まるで映画のような、と形容したくなる出来事が何度も起きる。この多重構造が面白い。
     ベテラン英国俳優陣の共演も見もの。ビル・ナイと「おみおくりの作法」のエディ・マーサンがナイスなコンビぶり。ポール・リッター、リチャード・E・グラントも渋い。

予告編・動画

ジェマ・アータートン、サム・クラフリン、ビル・ナイ出演!映画『人生はシネマティック!』予告編

» 『人生はシネマティック!』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

(C) BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016

ポスター/チラシ

  • 映画『人生はシネマティック!』ポスター
    ポスター

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『人生はシネマティック!』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 人生はシネマティック! 評価と感想/戦時下でも人々に希望を届けたい from eigamanzaiの映画レビュー (2017年11月18日 17時30分)
    フェミニズム映画でもあります ☆4点 2009年に発行されたリサ・エヴァンスの小説「Their Finest Hour and a Half」を原作にしたイギリス映画。 監督はロネ・シェルフィグ、主演はジェマ・アータートンとサム・クラフリン、共演にビル・ナイ 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) 人生はシネマティック!映画『人生はシネマティック!』の作品情報:第2次世界大戦中のイギリスを舞台に、コピーライターの秘書が脚本家として奔走する姿を描く人間ドラマ。偶然書いたコピーを気に入られたヒロインが、&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年11月6日の週の公開作品
  3. 『人生はシネマティック!』