シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
嘘を愛する女
(C) 2018「嘘を愛する女」製作委員会
製作年:
2018年
製作国:
日本
日本公開:
2018年1月20日
上映時間:
製作・配給:
東宝
製作・制作プロダクション:
ROBOT
製作・制作協力:
阿部秀司事務所
製作:
カルチュア・エンタテインメント / 電通 / 徳間書店 / ジェイアール東日本企画 / KDDI / 朝日新聞社 / 毎日新聞社 / GYAO / ひかりTV / 日本出版販売
制作協力:
東宝映画
カラー

見どころ:第1回「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」でグランプリに輝いた企画を映画化したラブストーリー。昏睡(こんすい)状態に陥った恋人の名前や職業などが全てうそだと知った女性が、彼の正体を探ろうとするさまを描く。メガホンを取るのは、CMを中心に活躍し本作で長編映画デビューを飾る中江和仁。『散歩する侵略者』などの長澤まさみ、『blank13』などの高橋一生、テレビドラマ「東京センチメンタル」などの吉田鋼太郎らが共演している。

あらすじ:世話好きな研究医の恋人・小出桔平(高橋一生)と5年にわたって同居している食品メーカー勤務の川原由加利(長澤まさみ)。ある日、桔平がくも膜下出血で倒れて寝たきりになってしまう。さらに彼の運転免許証、医師免許証が偽造されたもので、名前も職業もうそだったことが判明。彼女は探偵の海原匠(吉田鋼太郎)と助手キム(DAIGO)に桔平の素性調査を依頼する。そして桔平が執筆中だった小説が見つかり、そこから瀬戸内のどこかに桔平の故郷があることを知る由加利だったが……。

嘘を愛する女
(C) 2018「嘘を愛する女」製作委員会

映画短評

  • 清水 節
    企画性は申し分ないが、物語は人工的でテーマをぼやけさせている
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ずっと同居していた男が意識不明になり、名前も仕事もすべて嘘だったと発覚する。打算的で表層しか見ていない女が孤独を埋めるために必要だった男…。ミステリアスな導入、旬なキャスティング、企画性は申し分ない。が、展開はぎこちない。商品性を高めるべく、ストーリーやキャラクターをこねくり回したかのように人工的だ。彼の素性を突き止める旅の長さと笑いも挟むそのトーンは、虚構で塗り固められた2人の関係性の中の真実の発見という作品テーマを、ぼやけさせている。ディテールにも穴は多い。一例を挙げるなら、なぜ30代男が大切にしていた超合金が、同世代アニメではないマジンガーZなのか。ノベライズを読んでも判明しなかった。

  • 天本 伸一郎
    心地良い余韻が味わえるオリジナル脚本のラブミステリー
    ★★★★
    »読む«閉じる

    美人で仕事ができるらしいこと以外には人としての魅力がなさそうな“嫌な女”を演じた長澤まさみ、繊細な芝居で謎の男を存在感豊かに演じた高橋一生、さらには、芸達者な吉田鋼太郎や川栄李奈など、少数精鋭のキャストが好演。
    コンテストのグランプリをとった企画とはいえ、新人監督によるオリジナル脚本にも関わらず、潤沢とはいえないだろうがきちんと予算をかけて丁寧に撮られているし、一組の男女の愛の所在を解き明かすものすごく小さな話だが、ラブミステリー+ロードムービーといった趣向で、最後まで飽きさせない。
    松たか子&坂元裕二によるエンドロールの曲と共に、いい余韻を残してくれる作品。

  • 斉藤 博昭
    最近何かと出過ぎの高橋一生だが、これはかなりハマリ役では?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    目の前にいるこの人は、いったい何者なのか? ヒッチコックの名作『めまい』も連想させる、妖しきサスペンスと濃密なラブストーリーの混在は、とくに前半、的確な演出と編集によって味わい深い仕上がりになっている。その大きな要因は、高橋一生の持ち味と、演じる役どころの幸福なケミストリーのおかげか。やはりこの人、得体の知れないキャラクターに血肉を通わせる才能があるようだ。

    ただし中盤からは、映画全体の語り口が変調するので、そのあたり、物語の辻褄を合わせてスッキリしたいか、もっと妖しさに心をざわめかせたいかで、好き嫌いが分かれるかも。タイトルが示す、危険な運命に溺れる感覚は薄味かも。

予告編・動画

映画『嘘を愛する女』特報映像
映画『嘘を愛する女』予告編

» 『嘘を愛する女』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012
  • 写真013
  • 写真014
  • 写真015
  • 写真016
  • 写真017

(C) 2018「嘘を愛する女」製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『嘘を愛する女』ポスター
    ポスター
  • 映画『嘘を愛する女』チラシ
    チラシ
  • 映画『嘘を愛する女』チラシ
    チラシ
  • 映画『嘘を愛する女』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
脚本: 近藤希実
音楽: 富貴晴美
主題歌: 松たか子
製作: 市川南
企画: 中西一雄
エグゼクティブプロデューサー: 阿部秀司
プロデューサー: 臼井央 / 遠山大輔 / 村上公一
ラインプロデューサー: 久保田傑
撮影: 池内義浩
照明: 斉藤徹
美術: 林チナ
装飾: 天野竜哉
録音: 高田伸也
編集: 鈴木真一
助監督: 纐纈春樹
ヘアメイク: 有路涼子 / 高村三花子
スクリプター: 生田透子
キャスティング: 緒方慶子
音楽プロデューサー: 成川沙世子
プロダクション統括: 佐藤毅

キャスト

川原由加利:
小出桔平:
木村:
心葉:
海原匠:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『嘘を愛する女』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「嘘を愛する女」:ダメウーマンなのに偉そうで・・・ from 大江戸時夫の東京温度 (2018年1月27日 23時54分)
    映画『嘘を愛する女』は、TSUTAYAの映像企画賞でグランプリを獲った企画だとい ...[外部サイトの続きを読む]
  • 嘘を愛する女 評価と感想/実話ベースだがプロットはゼロの焦点に近い from eigamanzaiの映画レビュー (2018年1月24日 12時34分)
    予告編などを含めPRが上手かったかなと ☆3点 第1回(2015年)TSUTAYA CREATORS’ PROGRAMでグランプリを受賞した企画の映画化でCMディレクター中江和仁の商業映画初監督作品。 1991年朝日新聞に掲載された「夫はだれだった」という記事から着想を得たオリジナル作品で主演に長澤まさみと高橋一生 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) 嘘を愛する女映画『嘘を愛する女』の作品情報:第1回「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」でグランプリに輝いた企画を映画&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『嘘を愛する女』★高橋一生さんの笑顔が秘めるミステリー♪ from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2018年1月21日 15時23分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/172875/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 高橋一生さん演じる優しい男は、架空の人だったー 予告編から、一生さんの存在感が気になっていました。 親切で、穏やかで、まろやかで 笑顔がステキ……そして、そんな彼が 隣に寝てるんですョー(^^♪ その彼が、実は、偽名だったー... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年1月15日の週の公開作品
  3. 『嘘を愛する女』