シネマトゥデイ

いつも月夜に米の飯 (2018)

2018年9月8日公開 104分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
いつも月夜に米の飯
(C) 2018「いつも月夜に米の飯」製作委員会

見どころ

『おんなのこきらい』で注目を浴びた加藤綾佳が監督を務めたヒューマンドラマ。失踪した母親に代わり居酒屋で働く女子高校生が、さまざまな出来事を通じて成長する姿が描かれる。『最低。』などの山田愛奈が主演を務め、共演には『死霊波』などの和田聰宏、『四月の永い夢』などの高橋由美子、『野球部員、演劇の舞台に立つ!』などの渡辺佑太朗、ベテランの小倉一郎や角替和枝らが顔をそろえる。

あらすじ

東京の高校に通う千代里(山田愛奈)のもとに、新潟で居酒屋を開いていた母親・麗子(高橋由美子)が失踪したとの知らせが届く。千代里は、自由奔放な性格で男癖も悪い彼女に複雑な思いを抱くが、自分を女手一つで育ててくれた母親の店を放ってはおけないと新潟に帰る。店の料理人アサダ(和田聰宏)と一緒に、母の代わりを務める千代里は、幼なじみで酒屋の瑛一(渡辺佑太朗)や常連客たちと触れ合ううちに、少しずつ周囲と打ち解けていく。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
製作
  • 「いつも月夜に米の飯」製作委員会
配給
  • SPOTTED PRODUCTIONS
カラー/5.1ch / 16:9
(新宿シネマカリテほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]