小学生には助言・指導が必要

僕たちは希望という名の列車に乗った (2018)

2019年5月17日公開 111分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
僕たちは希望という名の列車に乗った
(C) Studiocanal GmbH Julia Terjung

見どころ

『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』などのラース・クラウメ監督が、旧東ドイツの高校生たちの実話を基に描く青春ドラマ。政治のタブーに踏み込んだ若者たちが、究極の選択を迫られる。レオナルト・シャイヒャー、トム・グラメンツ、ヨナス・ダスラーをはじめ、『あの日のように抱きしめて』などのロナルト・ツェアフェルトや、『コッホ先生と僕らの革命』などのブルクハルト・クラウスナーらが共演。

あらすじ

1956年、東ドイツの高校生テオとクルトは、列車に乗って訪問した西ベルリンの映画館で、ハンガリーの民衆蜂起のニュースを見る。クラスの中心メンバーの彼らはクラスメートに声を掛け、ハンガリー市民に哀悼の意を表し、授業中に2分間の黙とうを実施した。だがその行為は、社会主義国家への謀反と見なされる。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本
原作
撮影
美術
衣装
キャスティング
プロデューサー
製作総指揮

映画詳細データ

英題
THE SILENT REVOLUTION
製作国
ドイツ
協力
  • ゲーテ・インスティテュート東京
配給
  • アルバトロス・フィルム
  • クロックワークス
カラー
(Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

ポストカード
ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]