どなたでもご覧になれます

風をつかまえた少年 (2019)

2019年8月2日公開 113分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
風をつかまえた少年
(C) 2018 BOY WHO LTD / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE / PARTICIPANT MEDIA, LLC

見どころ

アフリカのマラウイの発明家ウィリアム・カムクワンバの実体験に基づく「風をつかまえた少年 14歳だったぼくはたったひとりで風力発電をつくった」を映画化。貧困のため通学を諦めた14歳の少年が、独学で風力発電を作り上げる。オスカー受賞作『それでも夜は明ける』などのキウェテル・イジョフォーが自ら監督と脚本を担当し、主人公の父親を演じている。

あらすじ

14歳のウィリアム(マクスウェル・シンバ)は、2001年にアフリカのマラウイを襲った干ばつのために学費を払えず、学校に行けなくなってしまう。彼は図書館で見つけたある本から、独学で発電のできる風車を作り畑に水を引くことを思いつくが、雨乞いの祈祷をする村でウィリアムを理解する者はいなかった。だが、家族を助けたいという彼の思いが、徐々に周囲を動かしていく。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

3

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE BOY WHO HARNESSED THE WIND
製作国
イギリス / マラウイ
配給
  • ロングライド
技術
カラー
(ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]