ADVERTISEMENT

BOLT (2019)

2020年12月11日公開 80分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
BOLT
Photo (C) JUMPEI TAINAKA

見どころ

『彌勒 MIROKU』などの林海象が監督と脚本を手掛けた人間ドラマ。大地震に見舞われた原子力発電所で起こった非常事態に、男と仲間たちが立ち向かう。林監督の『私立探偵 濱マイク』シリーズなどにも出演した永瀬正敏が主演を務め、『おかあさんの被爆ピアノ』などの佐野史郎、『メンゲキ!』などの金山一彦らが共演し、『Fukushima 50』などの佐藤浩市が声の出演を果たしている。「BOLT」「LIFE」「GOOD YEAR」の三つのエピソードで構成されている。

あらすじ

大地震が起きたため原子力発電所のボルトがゆるみ、冷却水が漏れ始めた圧力制御タンクの配管ボルトを、男たちは命がけで締めに向かう(「BOLT」)。原発事故発生後もずっと避難指定地区から動かなかった一人の老人が亡くなったため、男は遺品の回収に向かう(「LIFE」)。クリスマスの晩、車の修理工場で生活している男の前に、夢とも幻とも思える一人の女性が現れる(「GOOD YEAR」)。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3

1

関連記事

もっと見る »

ADVERTISEMENT

映画詳細データ

製作国
日本
制作
  • 東北芸術工科大学
製作・著作
  • レスパスビジョン
  • ドリームキッド
  • 海象プロダクション
配給
  • ガチンコ・フィルム
(テアトル新宿ほか)
リンク
公式サイト

おすすめの映画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT