斎藤工&板谷由夏『新解釈・三國志』などイチオシ映画談

はみだし映画工房

(C)WOWOW

 最新の劇場公開作品から今回ピックアップされたのは、『ハッピー・オールド・イヤー』『ニューヨーク 親切なロシア料理店』『新解釈・三國志』『私をくいとめて』の4本。

 『ハッピー・オールド・イヤー』の断捨離トークから、斎藤工が考えるプレゼントの在り方論へ!

「はみだし映画工房」とは……WOWOWシネマで放送中の映画情報番組「映画工房」とシネマトゥデイとのコラボ企画。無類の映画好きの斎藤工と板谷由夏、そして映画解説者の中井圭が、最新の劇場公開作品について毎回ゆるいトークを繰り広げます。

“はみだし”ていない方、毎週金曜放送中「映画工房」本編はWOWOWホームページで配信中!

[PR]

12月中旬のイチオシ作品はコレ!

『ハッピー・オールド・イヤー』12月11日公開

 自宅をオフィスに改装すべく断捨離を始めたデザイナーが、処分する物にまつわる思い出に揺れ動く人間ドラマ。『マリー・イズ・ハッピー』などのナワポン・タムロンラタナリット監督が、断捨離をめぐる主人公の葛藤を描き、第15回大阪アジアン映画祭コンペティション部門で最優秀作品賞にあたるグランプリを受賞した。 【⇒作品情報はこちら】

『ニューヨーク 親切なロシア料理店』12月11日公開

 『17歳の肖像』『ワン・デイ 23年のラブストーリー』などのロネ・シェルフィグ監督によるハートフルドラマ。ニューヨーク・マンハッタンに無一文で逃げてきた子連れの女性が、とある老舗料理店に集う人々との交流を通じて新たな人生を切り開く。 【⇒作品情報はこちら】

『新解釈・三國志』12月11日公開

 『銀魂』シリーズやドラマ「今日から俺は!!」などの福田雄一が監督と脚本を務めた、中国の「三國志」を基にしたコメディー。 【⇒作品情報はこちら】

『私をくいとめて』12月18日公開

 芥川賞作家・綿矢りさの小説を原作に、アラサー独身女性と年下男性が織り成す不器用な恋模様を描くラブストーリー。脳内にいるもう一人の自分を相談役にシングルライフを満喫するヒロインが、思いも寄らず恋心を抱く。 【⇒作品情報はこちら】

【シネマトゥデイ厳選8作品はこちら!】
『天外者(てんがらもん)』(12月11日公開)
『新解釈・三國志』(12月11日公開)
『ニューヨーク 親切なロシア料理店』(12月11日公開)
『BOLT』(12月11日公開)
『ハッピー・オールド・イヤー』(12月11日公開)
『私をくいとめて』(12月18日公開)
『また、あなたとブッククラブで』(12月18日公開)
※『ナイル殺人事件』(2021年に公開延期)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]