ADVERTISEMENT

スパゲティコード・ラブ (2021)

2021年11月26日公開 96分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
スパゲティコード・ラブ
(C) 『スパゲティコード・ラブ』製作委員会

見どころ

ミュージックビデオやCMを手掛けてきた映像ディレクターの丸山健志が監督を務めた青春群像劇。現代の東京を舞台に、フードデリバリーの配達員やシンガー・ソングライターなど、13人の若者の人生が複雑に交錯する。出演は『夏、至るころ』などの倉悠貴、ドラマ「いないかもしれない」などの三浦透子、清水尋也、八木莉可子、ゆりやんレトリィバァ、土村芳など。

あらすじ

フードデリバリーの配達員・羽田天(倉悠貴)は配達を1,000回することで、好きなアイドルへの思いに区切りをつけようと考えている。桜庭心(三浦透子)はシンガー・ソングライターを目指していたがそれを諦め、苦手な友達とダラダラと過ごしていた。大森慎吾(清水尋也)が登録しているFacebookには5,000人以上の友人がいるが、本当の友人は一人もいなかった。

関連記事

ADVERTISEMENT

キャスト

スタッフ

監督
脚本
撮影
主題歌
エグゼクティブプロデューサー
プロデューサー
制作プロデューサー
照明
録音
美術
キャスティング
スタイリスト
ヘアメイク
編集
VFX
カラリスト
サウンドデザイナー
助監督
制作担当
音楽

映画詳細データ

製作国
日本
製作
  • All Of Creation
制作プロダクション
  • PYRAMID FILM
配給
  • ハピネットファントム・スタジオ
技術
カラー
(渋谷ホワイトシネクイントほか)
リンク
公式サイト

おすすめの映画

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT