シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ジャン=ジャック・ベネックス」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全1件)

ベティ・ブルー/愛と激情の日々
『ディーバ』『溝の中の月』などのジャン=ジャック・ベネックス監督が手掛けた不朽の愛の名作。一組の恋人たちのあまりにも激しい愛の行方を、独創的な物語と映像美でつづる...
2012年7月28日公開

特集・連載記事 (全1件)

【第29回東京国際映画祭】村上春樹も「仮面ライダー」も!わたしがNIPPONを偏愛するワケ~『ディーバ』ベネックス監督来日記念インタビュー~
!ジャン=ジャック・ベネックス 実際のオペラ歌手をヒロインに起用し、カリスマ的オペラ歌手の歌声を“盗んだ”青年の数奇な運命を描いた長編デビュー作『ディーバ』(1981)、...86)などの名作で知られるフランスの巨匠ジャン=ジャック・ベネックス。寡作ながら、日本で熱狂的なファンに支持...
2016年11月4日掲載

映画ニュース (全7件)

サンセバスチャン映画祭が認めた日本の新鋭、奥山大史監督
スペインで開催中の第66回サンセバスチャン国際映画祭ニュー・ディレクターズ部門で奥山大史監督『僕はイエス様が嫌い』が上映され、18歳から25歳までの若者審査員約300人の...レクターズ部門は1985年の33回に創設され、ジャン=ジャック・ベネックス、ウォルター・サレス、イザベル・コイシェ...
2018年9月29日掲載
【第29回東京国際映画祭】大量虐殺の加害者と被害者における許し…痛ましさ秘めた東京グランプリ作品
10日間にわたって開催された第29回東京国際映画祭の審査委員&受賞者記者会見が3日、EX THEATER ROPPONGI で行われ、コンペティション部門の審査委員長を務めたジャン=ジャック・ベネックス...
2016年11月3日掲載
【第29回東京国際映画祭】ジャン=ジャック・ベネックス、空白の16年を明かす「1本は日本でつくりたい」
『青い夢の女』(2000)以来実に16年、長編劇映画からドキュメンタリー映画のプロデューサーや監督にシフトし、長らく日本での劇場公開作のないフランスの巨匠ジャン=ジャック・ベネックス...
2016年11月3日掲載
【第29回東京国際映画祭】“フィリピンのざわちん”が最優秀男優賞に!日本勢は受賞ならず
第29回東京国際映画祭のクロージングセレモニーが3日、六本木の EX THEATER ROPPONGI で行われ、ドイツ・オーストリア合作の映画『ブルーム・オヴ・イエスタディ』が最高賞...人間ドラマ。審査委員長を務めるフランスのジャン=ジャック・ベネックス監督によってグランプリが発表され、舞台に...
2016年11月3日掲載
【第29回東京国際映画祭】東京国際映画祭・審査委員長「映画人は言論や芸術の自由のために戦う兵士」
25日、第29回東京国際映画祭の審査員記者会見が実施され、審査委員長を務めるジャン=ジャック・ベネックス監督が「われわれ映画人は、言論や芸術の自由のために戦う兵士なの...
2016年10月25日掲載
【第29回東京国際映画祭】東京国際映画祭いよいよ来月!今年のコンペ部門&審査委員長は?
来月25日から開催される「第29回東京国際映画祭」のラインナップ発表記者会見が26日、都内で行われ、コンペティション部門をはじめ、各部門の出品作品ならびに審査委員が発...長は『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』のジャン=ジャック・ベネックス監督、審査委員は『エヴェレスト 神々の山...
2016年9月26日掲載
園子温の身元引受人はジャン=ジャック・ベネックスだった!二人の意外な関係明らかに!
日本映画界を代表する鬼才・園子温監督が過去に警察で軟禁された際、身元引受人となって救出したのがフランスの名匠ジャン=ジャック・ベネックスだったことが明らかになった...
2012年7月25日掲載