シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「奥山和由」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全24件)

銃
芥川賞作家・中村文則のデビュー作を、『2つ目の窓』などの村上虹郎を主演に迎えて映画化。手に入れた拳銃の魅力に支配された大学生が、徐々に狂気をはらんでいくさまを描く...
2018年11月17日公開
熱狂宣言
DDホールディングスの代表取締役社長として、飲食事業やアミューズメント事業などを手掛ける松村厚久氏のドキュメンタリー。若年性パーキンソン病を患いながらも、躍進し続...うなぎ』『この国の空』などに携わってきた奥山和由。ナレーションなどを排し被写体のありのま...
2018年11月4日公開
サムライと愚か者 −オリンパス事件の全貌−
オリンパス株式会社の損失隠ぺい事件の闇に迫るドキュメンタリー。世界に誇る日本の大企業が、10年以上にわたり巨額の損失を隠し続けてきた事実に鋭く切り込む。元オリンパ...衛が監督を務め、数々の作品に携わってきた奥山和由がエグゼクティブプロデューサーとして名を...
2018年5月19日公開

映画ニュース (全24件)

村上虹郎『銃』で鬼気迫る演技 父・村上淳と共演も
公開中の映画『銃』で主演の村上虹郎が、銃に魅了された青年役で鬼気迫る演技を見せている。 『去年の冬、きみと別れ』『悪と仮面のルール』などで知られる作家・中村文則の...の「東京ジェムストーン賞」を受賞。今作の奥山和由プロデューサーは、3年前の同映画祭で虹郎...
2018年11月18日掲載
村上虹郎、狂気じみた役に広瀬アリスが怖がるほど没頭
俳優の村上虹郎が17日、テアトル新宿で行われた主演映画『銃』(公開中)の初日舞台あいさつに登壇。自他ともに認めるほど、狂気をはらんだ役に没頭していたことが語られた...ジャル)、原作者の中村文則、武正晴監督、奥山和由プロデューサーも参加した。 芥川賞作家・...
2018年11月17日掲載
【第31回東京国際映画祭】村上虹郎、映画『銃』主演は宿命だった
現在開催中の第31回東京国際映画祭で日本映画スプラッシュ部門に出品されている映画『銃』(11月17日公開)の上映Q&Aが1日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、主演の村上...虹郎、共演の広瀬アリス、武正晴監督、奥山和由プロデューサーが登壇した。 芥川賞作家・...
2018年11月1日掲載
深作欣二監督への愛があふれる!ゆかりのゲストが京都国際映画祭でトークショー
映画プロデューサーの奥山和由と鍋島壽夫、中島貞夫監督が13日、京都で開催中の「京都国際映画祭2018」の特集上映、深作欣二監督特集のトークショーに登壇した。 本特集は、...
2018年10月13日掲載
三田佳子、京都国際映画祭に出席 『遠き落日』撮影秘話を語る
女優の三田佳子が11日、京都で開催中の「京都国際映画祭2018」内で上映された主演映画『遠き落日』の舞台挨拶に登壇した。 本作は、細菌学の権威として知られる野口英世の生...告白。三田と共に登壇したプロデューサーの奥山和由は、「三田さんは、お芝居の中でも冷たい湖...
2018年10月11日掲載
佐藤浩市、京都国際映画祭で「三船敏郎賞」受賞!
俳優の佐藤浩市が11日、京都・西本願寺で行われた京都国際映画祭2018オープニングセレモニーに出席、国際的な活躍を期待される俳優に贈られる「三船敏郎賞」を受賞した。 役...「三船敏郎賞」を獲得した佐藤。審査委員の奥山和由は「狂気をはらんだ役から、人間味あふれる...
2018年10月11日掲載
浅田美代子、樹木希林さんと来たかった 京都国際映画祭が開幕
京都国際映画祭2018のオープニングセレモニーが11日、京都の西本願寺で行われ、名誉実行委員長の中島貞夫監督をはじめ、上映作品の関連ゲストらが登壇。華やかに映画祭の幕...た映画『エリカ38』のプロデューサーである奥山和由は、主演の浅田美代子と共に登場し「本来だ...
2018年10月11日掲載
樹木希林さんの遺作は『エリカ38』浅田美代子との“母娘”シーン映像公開
9月15日に亡くなった女優・樹木希林さんの遺作となる映画『エリカ38』より、本編の一部シーンが公開された。映画は年内に完成、来年公開される予定。 『エリカ38』は樹木さ...『RAMPO』(1994)などで一緒に仕事をした奥山和由プロデューサーに提案して映画化が実現。監...
2018年9月20日掲載
村上虹郎×広瀬アリスで中村文則『銃』映画化
芥川賞作家・中村文則のデビュー作「銃」が映画化され、今秋に全国公開されることが明らかになった。主演は村上虹郎、ヒロインは広瀬アリス、ほかリリー・フランキー、日南...を受賞した『うなぎ』の製作などで知られる奥山和由が務め、『百円の恋』の武正晴監督がメガホ...
2018年6月11日掲載
五社英雄監督に託された1枚の写真…夏目雅子さんの美しさを振り返る
14日、京都市内で開催中の京都国際映画祭2017で上映された映画『鬼龍院花子の生涯』(1982)の上映とトークショーが行われ、五社英雄監督の娘で五社プロダクション代表取締...劇研究家の春日太一、映画プロデューサーの奥山和由、五社作品の大ファンとしても知られる友近...
2017年10月15日掲載