クリストファー・リーヴ、死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『スーパーマン』シリーズのクリストファー・リーヴが心不全のためニューヨークの病院で亡くなった。52歳だった。リーヴは1995年に乗馬大会で落馬し、首を骨折。命は取り留めたものの、首から下が麻痺し、自力呼吸もできない状態になってしまった。その後、理学療法や手術などによって、体の一部に感覚を取り戻し、呼吸器なしでも長時間呼吸ができるようになっていた。最近では、テレビドラマを監督した他、幹細胞研究の実現に向けて様々な活動をしていた。[ニューヨーク 10月10日]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]