マーク・ラファロ、マーク・ウォールバーグの代役に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
絶好調のマーク・ラファロ

 『コラテラル』のマーク・ラファロが、降板したマーク・ウォールバーグに代わって『エヴリ・ワード・イズ・トゥルー』(原題)へ出演することが決まった。同作は作家トルーマン・カポーティの自伝を基に映画化するもので、ラファロは小説「冷血」に登場する殺人者ペリー・スミスに扮する。サンドラ・ブロックがカポーティの幼なじみの作家のハーパー・リー役で、グウィネス・パルトロウが歌手のペギー・リー役で共演し、監督と脚本はダグ・マクグラスがあたる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]