メル・ギブソン、アカデミー賞用の広告費はゼロ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画界の聖人メル・ギブソン

 この時期、アカデミー賞のノミネートを狙い、数多くの候補作品がアカデミー会員の目を引こうと大広告キャンペーンを展開する。新聞、テレビ、ラジオ広告など、その金額は何百万ドルにものぼる。しかし、『パッション』のメル・ギブソン監督は、このような広告を一切出さないと宣言した。「これは、どの製作会社がしたくても、勇気がなくてできなかったことだ。競争意識の激しい賞レースではなく、本来、アカデミー賞が意図した“仲間同士の称え合い”に戻るべきだ」とギブソンのスポークスマンは言っている。広告キャンペーンが当たり前になった昨今、宣伝費の少ない映画が不利になるという状況が見られるようになり、ハリウッドでも不満の声が多くなってきていた。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]