ニック・カサヴェテス、人気コミックの映画版を監督

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 来年日本公開予定の期待作『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督が、マーヴェル・コミックの人気漫画「アイアン・マン」の映画化作品でメガホンを取ることが決まった。「アイアン・マン」は、超兵器として開発された鎧をまといながらも、精神面でも健康面でも人間と同じように苦悩するスーパーヒーローを主人公にした作品で、主人公のトニー・スターク役にはトム・クルーズが興味を示しているという噂もある。脚本は『スパイダーマン2』のアルフレッド・ガフマイルズ・ミラー、『X-メン』シリーズのデヴィッド・ヘイターが手掛け、2006年の全米公開を予定している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]