ヘイデン・クリステンセン、「デカメロン」映画化作品で主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の公開が待たれるヘイデン・クリステンセンが、『ザ・デカメロン』(原題)で主演を務めることが決まった。『レッド・ドラゴン』のディノ・デ・ラウレンティスがプロデュースする同作は、ジョヴァンニ・ボッカッチョの「デカメロン」を映画化するもので、監督と脚本は「バンド・オブ・ブラザース」のデヴィッド・リーランドが手掛け、『翼をください』のミーシャ・バートンも共演する。「デカメロン」はペストが猛威を振るっていた14世紀イタリアのフィレンツェで、10人の男女が毎日1人1話ずつ10日間話した100篇の物語から成り立ち、1971年にはピエル・パオロ・パゾリーニ監督により一度映画化されている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]