パーカー・ポージー、『スーパーマン5』で悪役に扮する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 5月に日本公開される『ブレイド3』でヴァンパイアの女ボス役を演じたパーカー・ポージーが、ワーナー・ブラザースの『スーパーマン』シリーズ5作目で悪役に扮することが決まった。ポージーが演じるのは、ケヴィン・スペイシー扮するレックス・ルーサーの部下の悪女キティ役だ。新しいスーパーマン役には若手俳優ブランドン・ルースが、スーパーマンの恋人ロイス・レーン役にはケイト・ボスワースが扮し、スーパーマンの友人ジミー・オルセン役を『X-MEN2』のショーン・アシュモアが演じることが決まっている。その他、『スチュアート・リトル2』のヒュー・ローリーと『X-MEN』シリーズのジェームズ・マースデン、『マスク2』のカル・ペンも共演し、監督はブライアン・シンガーがメガホンを取り、撮影は現在シドニーで行われている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]