ケネス・ブラナー、日本が舞台のシェイクスピア作品へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 ケネス・ブラナーが、5作目のシェイクスピア作品「お気に召すまま」の映画化で監督のイスに座る。この作品は、ケヴィン・クラインアルフレッド・モリーナらが出演し、舞台は19世紀の日本となる模様。ブラナー監督は、「相撲、武道、桜の花などが登場し、ドラマ性と喜びが重なって非常に楽しい映画が出来ると思う」と語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]