メル・ギブソン、アクション映画を監督

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
監督4作品目になるメル・ギブソン

 メル・ギブソンが、新作アクション映画『アポカリプト』(原題)でメガホンを取ることが決まった。物語の詳細は明らかにされていないが、映画の舞台はおよそ3000年前の古代文明の世界で、タイトルとなったアポカリプトはギリシア語で「正体を明かすこと」「新たな始まり」という意味がある。また、『パッション』でアラム語、ラテン語、ヘブライ語が使用されたように、本編のセリフはマヤの方言が使用される予定だ。撮影は10月からメキシコで開始される予定で、2006年夏の全米公開を予定している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]