フランシス・フォード・コッポラ監督、8年ぶりに監督のイスへ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
フランシス・フォード・コッポラ監督 - Steve Granitz / WireImage.com / MediaVast Japan

 フランシス・フォード・コッポラ監督が、1997年の『レインメーカー』以来、8年ぶりに監督業へ復帰することになった。作品は、ルーマニアの作家ミルチャ・エリアーデの小説を元にした、低予算のシュールなドラマで、撮影はブカレストで行われる。コッポラ監督は脚本も担い、キャストにはティム・ロスブルーノ・ガンツの名前が挙がっている。コッポラ監督は、「エリアーデの小説を見つけたのは、エキサイティングだった。鍵となるテーマは、時間と意識、夢のように感じる現実だ。まるで学生のように、映画の仕事への野心が戻ってきた」と、その意気込みを語っている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]