ハリー・ポッター4作目に、予想外のレイティング

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ダニエル・ラドクリフら3人組の成長した姿を観るのが楽しみ! - Jim Spellman / WireImage.com / MediaVast Japan

 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』が、イギリスの検閲で12Aのレイティングを付けられた。これにより、12歳以下の児童が鑑賞する際は、必ず大人の同伴が必要となる。このシリーズは、保護者の指導が望ましいPGよりも厳しいレイティングを付けられたことはなく、今回の12Aはスタジオ側にとっても予想外の展開だったよう。

英国映画区分協会(BBFC)は、「この映画のトーンは前作よりも暗く、恐ろしくなっている。親が子供たちを連れて行くときには、神経質な子供が取り乱すかもしれないことを、認識しておくべきだ」とコメント。なお、日本では特に年齢制限などはない。

劇中にはハリーの初めてのキスシーンが登場したり、身震いするようなシーンも含まれており、その点も海外でのレイティングに影響したようだ。といっても実際のキスシーンは、軽くおでこに「チュッ」とする程度のほほ笑ましいシーンだ。ハリーが誰にキスするかは観てのお楽しみ。

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は11月26日より丸の内ピカデリー1ほかにて公開。
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』オフィシャルサイトharrypotter.jp.warnerbros.com

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]