シャーリーズ・セロン、短編小説を映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シャーリーズ・セロン - Steve Granitz / WireImage.com / MediaVast Japan

 シャーリーズ・セロンが、新作映画『ジ・アイス・アット・ザ・ボトム・オブ・ザ・ワールド』(原題)のプロデュースと主演を務めることが決まった。これは、セロン自らがマーク・リチャードの短編小説の映画化権を獲得して数年前から映画化を進めていたもので、物語はチェサピーク湾を舞台に、健康問題からしぶしぶ引退した元海軍大尉とその家族の関係を描く人間ドラマだ。セロンは元海軍大尉の娘で、ヘロイン中毒のシングルマザー役に扮する。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]