スピーチ用の紙を出したら退場!

第78回アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
プロデューサーだけに絶大な権限を持つギルバート・ケイツ氏

 毎年、アカデミー賞受賞者が、オスカーを受け取ったあとに長々と感謝のスピーチを述べるのに終止符を打とうとアカデミーは考えたようだ。「受賞後のスピーチが感謝のものでなければならないという決まりはない」とプロデューサーのギルバート・ケイツは言う。また、「今年はスピーチ用の紙を取り出したらオーケストラに退場の音楽をすぐに流させるよ」と付け加えた。これまでで、最も有名なスピーチは、名誉オスカーを受賞したアルフレッド・ヒッチコックによるもの。ステージに上がった監督はオスカー像を受け取り、「ありがとう」とだけ言って舞台の袖に消えていった。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]