小泉監督がテレビ界でイメージ固定する深津絵里を心配

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 大ヒット上映中の『博士の愛した数式』を撮った小泉堯史監督が、3日、東京・新宿の映画専門大学院大学で特別講義を行った。映画界を志す若者や映画を観て感動したファンが監督の生の声を聞こうと集い、会場は大盛況だった。

 作品中では『数式』が重要なキーワードになっているが、小泉監督は「数学は好きじゃないし、むしろ苦手でした」と意外な告白。自身は苦手としながらも「原作小説に描かれている『数字の美しさ』という発想が凄いと思った。それを映像で表現できれば」と、メガホンを取ったという。

 監督デビュー作の『雨あがる』、前作『阿弥陀堂だより』に続き、今作も主演は寺尾聰。小泉監督は全幅の信頼を寄せており、脚本を準備している段階から「博士役は寺尾さんにお願いしたいと思っていた」という。原作の博士は“運動が苦手”という設定だったが、寺尾に合わせて“野球好き”に変更したそうだ。

[PR]

初顔合わせの深津絵里については「とても理解力があり、こちらの意図をすぐにくみ取ってくれる。素晴らしい女優さんだし、もっと幅広く出来る人だと思う」。現在のテレビ界ではヒットした作品と似たような役柄が来てしまいがちなことを憂慮しながら「昔だったら、溝口監督とか成瀬監督とか、そういった方々と組んで、いくらでも役柄が広げられるのに」と、日本映画界の巨匠の名前を挙げてまで賞賛していた。

 しっとりと胸に響く作品を撮り続けてきた小泉監督だが、聴衆から次回作の構想を質問されると「今度はアクション映画など、娯楽に徹したものを作ってみたい」と、新境地へのチャレンジ宣言が飛び出した。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]