トロント国際映画祭で話題作が続々上映

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 9月に行われる第31回トロント国際映画祭で、本年度カンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞したケン・ローチ監督作、『ザ・ウィンド・ザット・シェイクス・ザ・バーレー』(原題)が北米プレミア上映されることになった。このほか、カンヌで最優秀監督賞を受賞したアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の『バベル』(原題)、ナンニ・モレッティ監督の『ザ・カイマン』(原題)、アキ・カウリスマキ監督の『ライツ・イン・ザ・ダスク』(原題)などが北米プレミアを迎える予定。第31回トロント国際映画祭は9月7日から16日まで開催される。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]