メル・ギブソン、逮捕時にユダヤ人を差別する発言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
メル・ギブソン - Albert L. Ortega / WireImage.com / MediaVast Japan

 酒気帯び運転で逮捕されたメル・ギブソンは、翌日マスコミを通して逮捕時の自分の警察官に対する態度を謝ったが、「このくそったれのユダヤ人野郎」という人種差別発言をしていたことが明らかになった。すでに、アルコール依存症のリハビリセンターに入院しているらしいギブソンだが、問題はアルコール依存症や飲酒運転の逮捕よりも、この人種差別発言である。ハリウッドのトップ・エージェントであるアリ・エマヌュエルは、ギブソンが回復することを願っているが「アルコール依存症は人種差別やユダヤ人差別の言い訳にはならない」と自身のネットコラムに書いており、マーク・ウォルバーグなど、自分のユダヤ人クライアントには、ギブソンと仕事をしないようアドバイスしているという。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]