世界が絶賛する巨大魚介類の大暴れ映画『グエムル』日本上陸!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
全員が日本語でのあいさつを披露

 今年5月のカンヌ国際映画祭で“最高作”として各国メディアで注目を集めた韓国映画『グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-』の来日記者会見が都内で行われ、“韓国のスピルバーグ”と讃えられる、ポン・ジュノ監督をはじめ、ソン・ガンホペ・ドゥナパク・ヘイルピョン・ヒボンコ・アソンらが登壇した。

 撮影はワンシーンたりとも、スムーズに行かず大変だったというポン・ジュノ監督。俳優陣からは「俳優に苦労させる監督だ」「精神的にクタクタにさせられた」「何テイクもさせられ、泣きながら撮影した(笑)」など、公の場でここぞとばかりに撮影時の不満をぶつけられ、36歳の鬼才もタジタジ。

 最後に「キャストの発言の掲載はお手柔らかに……次回作のキャスティングに響くから(笑)」と報道陣に頼み込んでいた。

[PR]

 本作は、突然変異した巨大怪物と壮絶な戦いをする、貧しい家族の物語。その巨大生物“グエムル”のCG描写を『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを手掛けたWETA社と『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を手掛けたオーファネージが担当しているのも、話題を呼んでいる。

『グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-』は9月2日より全国東宝系にてロードショー
『グエムル -漢江(ハンガン)の怪物-』オフィシャルサイトguemuru.com

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]