『ロード・オブ・ザ・リング』『ナルニア国物語』に続くファンタジー小説の映画化に真打登場!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
重要な役どころのニコール・キッドマン - Steve Granitz / WireImage.com / MediaVast Japan

 『ハリー・ポッター』シリーズ、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、『ナルニア国物語』シリーズなど、ファンタジー小説の映画化の際、キャストは無名の俳優が定番だった。

 しかし、2007年全米での公開が決まっている、ファンタジー小説「ライラの冒険」の映画化、『ライラの冒険:黄金の羅針盤』(仮題)はいままでと傾向が違う。

 ヒロインの少女ライラ役には1万人のオーディションから選ばれた無名のダコタ・リチャーズが選ばれたが、コールター夫人役にはニコール・キッドマンが決定している。また、魔女役にフランスの若手女優エヴァ・グリーンが起用が発表された。そのほか『ダ・ヴィンチ・コード』のポール・ベタニーにも出演交渉中とハリウッドで活躍する大スターが名を連ねている。

 壮大なファンタジー『ライラの冒険:黄金の羅針盤』(仮題)は3部作。日本での公開は2008年が予定され、松竹とギャガの共同配給が決まっている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]