『オーシャンズ13』の脚本家コンビ、ロバート・デ・ニーロ主演作の脚本を担当

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロバート・デ・ニーロ - Bobby Bank / WireImage.com / MediaVast Japan

 『オーシャンズ13』(原題)の脚本家コンビのブライアン・コッペルマンデヴィッド・レヴィーンが、ロバート・デ・ニーロの主演が決まっている新作映画の脚本を手掛けることが決まった。作品は、ドン・ウィンズロウの小説「ザ・ウィンター・オブ・フランキー・マシーン」(原題)を映画化するもので、デ・ニーロ扮するマフィアの殺し屋が商売から足を洗うものの、自分が殺しのターゲットになっていることを知り再びビジネスに戻る物語だ。製作はデ・ニーロとジェーン・ローゼンタールの映画制作会社トライベッカ・プロがあたる。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]