ケヴィン・コスナー、カジノの所有権をめぐり法廷へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ケヴィン・コスナー - Anita Bugge / WireImage.com / MediaVast Japan

 ケヴィン・コスナーが、自らが所有するカジノの所有権をめぐり、サウス・ダコタ州の高等裁判所へ出向いた。このカジノはコスナーが2人のパートナーと共同で経営するもので、コスナーが映画で着用した衣装や映画のセリフなどが展示されている。コスナーはこのカジノの所有権を93.5%所有しており、経営を任せるために雇ったフランシス・カネヴァとカーラ・カネヴァに残り6.5%の所有権を渡していたが、2004年にふたりを解雇。パートナー関係の解消を望んでいるが、カジノの市場価値をめぐってもカネヴァ側と折り合いがつかず、判事はコスナーに対し620万ドルでカジノを購入するよう指示。コスナーはこれに反論している。[10月4日 サウス・ダコタ]

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]