市原隼人がアジアスターの代表に! 世界が注目する中、盾にキス!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スター・サミット・アジアで盾にキスをする市原隼人

 16日、韓国、釜山国際映画祭にて、アジアのスターの市場を世界に広げる試みとして、第1回スター・サミット・アジアが開かれた。

 アジアから各国を代表する期待のスターが選び出され、アジアだけでなく世界のマーケットに売り込みをかけるという画期的な試みだ。日本からは、市原隼人(スターダストプロモーション)、蒼井優(イトーカンパニー)、香椎由宇(ホリプロ)が選ばれ世界中のマスコミやバイヤーの前で記者会見を行った。

 中でも目立っていたのは釜山国際映画祭出品作『虹の女神』の主演市原隼人。ほかのアジアスターがちょっと控えめのあいさつをする中で、授与された盾を高々と持ち上げキッス!(盾には市原本人の顔が刻印されている)会場を沸かせた。市原は「幼稚園児のように、何にでも好奇心いっぱいに、そしていつでも等身大でリアルな演技をしていきたい」とコメント。そのあまりに歯切れのよい言葉に、司会者が「とてもハキハキしている方です」と思わずほかのスターにはつけないコメントをもらしていた。

『虹の女神』は10月17日、釜山国際映画祭で、5000人の観客を前に上映される。
日本での公開は10月28日
オフィシャルサイトrainbowsong.jp

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]