90歳の市川崑監督、車椅子で感動のスピーチ!

第19回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
袴姿のスケキヨと市川崑監督

 29日、第19回東京国際映画祭がついにクロージングを迎えた。華やかな映画祭の最後を飾ったのは、市川崑監督が30年ぶりに自身の映画をリメイクしたことで注目を集めている作品『犬神家の一族』。

 なんと10月の初旬に完成し、字幕入りのフィルムは前日に届いたという、まさにできたてほやほやの本作は、この日初めて公開された。

 渋谷オーチャードホール前に敷かれたレッドカーペットには、豪華な出演者たちが勢ぞろい。車椅子に乗って来場した市川監督を始め、主演の石坂浩ニ、松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子松坂慶子萬田久子深田恭子がたくさんのフラッシュを浴びながらカーペットの上を歩いた。

[PR]

 その後行われた舞台あいさつでは、市川崑監督が、本作のキーパーソンでもあるゴムマスクをかぶったスケキヨ(映画では尾上菊之助が、演じている)に車椅子を押されて登場。90歳の市川監督は、しっかりとした口調で「まあ完成はしたんですが……、あれもしたい、これもしたいという気持ちがまだまだありまして、目下まだ仕事をしている気持ちです。きっとこれから反省の時期になるでしょう。愛着を持って作った作品なので、楽しんで、そして厳しい批評をください」と、巨匠ならではの映画へのすさまじい執念を語ると、会場からは割れんばかりの拍手が監督に贈られた。

 また、この日初めてレッドカーペットを歩いたという松嶋菜々子は、舞台あいさつでも緊張しっ放しの様子。「あの、あの……」と何度も言葉を詰まらせながら「レッドカーペットは、初めてで恥ずかしい気持ちが大きかったんですが……、先日作品を観てとても素晴らしかったので堂々と歩けました」と話した。
 
 映画祭初日のレッドカーペットを金田一ルックで歩いた石坂も、この日は黒のスーツで登場し、「30年間一緒にやってきた金田一に先日はレッドカーペットを歩かせましたが、今日は本来の姿で歩けました」と感無量の様子だった。

会場には映画祭に出品している海外からの監督、プロデューサーも多く姿を見せ、映画祭最後の作品を楽しんでいた。

『犬神家の一族』は、12月16日より全国東宝系にてロードショー
『犬神家の一族』オフィシャルサイト inugamike.com

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]