衝撃の映像! 阪神・淡路大震災を目の当たりにした子どもたち

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
親子試写会に参加した子どもたちと危機管理対策の第一人者である山村氏

 11日、阪神・淡路大震災を生きぬいた人々を描く感動作『ありがとう』(赤井英和主演)の親子試写会が、銀座・東映試写室にて開催され、上映後、防災アドバイザーの山村武彦氏が講演を行った。防災・危機管理対策の第一人者である山村氏は、1995年の震災時、すぐさま現地へ飛び、調査と救助ボランティアをした実績の持ち主。この日は、当時の様子を交えながら、災害時に必要な心構えをレクチャーした。

 「大地震はいつどこで起こってもおかしくない」と語る山村氏は、日ごろから災害に対する準備をしておく必要性をアピール。また、これまで数多くの自然災害を目の当たりにしてきた経験から、「よく“地球にやさしく”という人もいるが、それは人間中心の発想。あくまで、人間は自然の一部でしかないことを知ってほしい」と防災アドバイザーならではの視点から防災のあり方を問いかけていた。

 『ありがとう』の魅力について、「この映画が教えてくれるのは、命に対する“ありがとう”だと思う」と山村氏。また、今作のプロデューサーと特撮監督を務めた仙頭武則は、「この映画には、3つのタイプの人間が出てきます。呆然として動けなくなる人、自分のことだけ考えて動く人、自分ではなく誰かのために動く人。皆さんは、どのタイプになりたいですか?」と作品のテーマを語り、会場の子どもたちも真剣に耳を傾けていた。今回の親子試写会は、阪神・淡路大震災を知らない世代にとって、身近な災害について考えるきっかけになったようだ。

『ありがとう』は、11月25日より全国ロードショー
『ありがとう』オフィシャルサイトarigato-movie.jp

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]