『スーパーヒーロー戦記』横田真悠が出演!大人になったルナ役で登場

横田真悠が大人になったルナに!
横田真悠が大人になったルナに! - 「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C) 2021 テレビ朝日・東映AG・東映

 「仮面ライダー」シリーズ生誕50周年と「スーパー戦隊」シリーズ45作目を記念したWアニバーサリー作品となる映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』(7月22日公開)のキャストが新たに発表され、横田真悠が出演することが明らかになった。

横田真悠、ドラマで本田翼&富田望生とアイドルグループ結成!【写真】

 「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」の両シリーズのアニバーサリーを記念して「仮面ライダーセイバー」と「機界戦隊ゼンカイジャー」が垣根を超えて共闘する本作。これまで奥野壮高橋文哉鈴木勝吾水石亜飛夢といった歴代レジェンドの出演なども発表され、話題を呼んできた。

[PR]

 今回、物語の鍵を握る少女ルナが大人になって登場することが判明し、ルナ役を女優やモデルとして活躍する横田真悠が務めることが発表。現在放送中のTVシリーズ「仮面ライダーセイバー」では、主人公・飛羽真が幼い頃、幼なじみの賢人と、一人の少女ルナと共に「ずっと一緒」という約束を交わす。しかし、剣士・カリバーの反乱により、ルナは次元の裂け目に吸い込まれ、飛羽真はショックで記憶を喪失。やがてセイバーとなった飛羽真は、戦いの中で記憶を取り戻し、ルナを救い出すことに成功する。だが、飛羽真とルナを取り巻く運命は、現実とワンダーワールドの存亡を賭けた事態へと発展していくことになる。

 横田は「ミスセブンティーン 2014」のグランプリに輝き、芸能デビュー。現在は専属モデルを務めた「Seventeen」を卒業し、ファッション誌「non-no」の専属モデルを務めている。2019 年にはドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」で女優デビューを果たし、今年はバラエティー番組でも存在感を発揮している。横田が演じるルナはなぜ大人の姿をして登場するのか、そして飛羽真たちと運命の再会を果たせるのか、期待が高まる。

[PR]

 横田は「今回、大人になったルナ役を演じさせていただきました。出演にあたっては、これまでの『仮面ライダーセイバー』をすべて拝見し、ルナという存在がとても重要だということがわかり、 ファンの方々の夢を壊さないように、そして少女時代のルナを演じてこられた岡本望来さんに対しても恥ずかしくないようなお芝居をしたいという気持ちを持っていました。ルナは、いつも飛羽真の幸せを願っている女の子。あるシーンでルナが優しく「飛羽真」と呼びかける場面があるのですが、その一言に『大丈夫だよ』『安心してね』『ありがとう』と いうようないくつもの思いをこめました。 撮影後、内藤さんから「名前を呼ばれたときにルナの優しさを感じた」と言われて、うれしかったです。そんなルナの思いがみなさんにも伝わればうれしいです」とコメントしている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]