『リトル・ミス・サンシャイン』が2つ目のオスカーを獲得!

第79回アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
同作で助演女優賞にノミネートされていたアビゲイル・ブレスリンは、ピンクのドレスが一際かわいかった。 - Lester Cohen / WireImage.com / MediaVast Japan

 ロサンゼルス25日(日本時間26日)、第79回アカデミー賞の最優秀脚本賞は、『リトル・ミス・サンシャイン』が受賞した。

 脚本賞のプレゼンターは、トビー・マグワイヤキルスティン・ダンストの『スパイダーマン』コンビ。受賞した脚本家のマイケル・アーントは、なんと俳優マシュー・ブロデリックの元アシスタントだった。

 名前を呼ばれたアーントは、落ち着いた様子で壇上に上がると、「ほかの候補作品も、同じくらい価値があると思っています」と話し、アラン・アーキンを始め、キャスト、そしてスタッフに感謝の言葉を述べた。

[PR]

 『リトル・ミス・サンシャイン』は、最優秀助演男優賞を受賞したアラン・アーキンに続いて2つ目のオスカーとなった。

(協力:WOWOW)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]