安倍首相が朝の4時まで国会でアフターは角川映画へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
仲良く映画デートを楽しんだ安倍首相と夫人。

 3日、モンゴルの英雄チンギス・ハーンの半生を描いた『蒼き狼 地果て海尽きるまで』が初日を迎え、主演の反町隆史菊川怜松山ケンイチらが舞台あいさつを行った。

 この日は、主要キャスト10名が勢ぞろいした豪華なイベントだったが、最大のサプライズは、安倍晋三首相の来場。プライベートということもあり、特別なあいさつは無かったが、アッキーこと妻・昭恵さんを伴って、2階席後方で、仲良く映画鑑賞を楽しんでいた。実は、この日の首相は、徹夜明け。本年度の予算案が衆院本会議で採決されたのが、この日の午前4時前だったのだ。そんなお疲れの首相に対して、舞台に上がった製作総指揮を務めた角川春樹は「朝の4時まで国会があったそうですが、寝ないで、見ていただけましたでしょうか?」と心配そうに声をかけていた。

 終映後に「馬の疾走シーンと、親子のきずながとても印象的でした。この映画を機に、たくさんの人たちがモンゴルに行くのではないでしょうか。日本とモンゴルの友好につながるスケール感のある作品だと思います」とコメントを出した安倍首相。最近、支持率の低下など、党内外の求心力が疑問視されているだけに、800年前、モンゴル帝国を統一したチンギス・ハーンの姿から、支持率アップのヒントをつかもうとしたのかもしれない。

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』は絶賛公開中。
『蒼き狼 地果て海尽きるまで』オフィシャルサイトaoki-ookami.com

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]