自爆テロと一緒にするな! 石原慎太郎が特攻隊を語る 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「僕は右翼じゃなくて、やや左翼だ」と爆弾発言した石原慎太郎。

 2日、石原慎太郎が製作総指揮・脚本を務めた『俺は、君のためにこそ死ににいく』を成功させる会が開催された。会場には石原のほか、主演の岸恵子徳重聡窪塚洋介ら主要キャストと新城卓監督が登壇し、本作にかける熱い思いをアピールした。

 太平洋戦争で活躍した特攻隊員の真実の姿を描いた本作は、”都知事・石原慎太郎”としてではなく、“作家・石原慎太郎”としての並々ならぬ思い入れが込められた感動作だ。その熱の入りようは相当なもので「特攻隊と自爆テロを混同している外国人が多いが、まったく違うものだ! その考えを払拭させたい!!」と迫力満点に熱弁し、集まった取材陣をビビらせた。

 一方、会場はスーツを着用した関係者が集まり厳かな雰囲気だったが、特攻隊員の青年を演じた窪塚は、ストリート系の若者ファッションで登場。キャップにサングラスをかけたまま舞台に登壇し「皆さんから見れば、僕は戦後が生んだ不安分子にしか見えないかもしれませんが、“ポンコツ代表”として一生懸命演じました(笑)」と相変らずの“窪塚節”で会場の大人たちを笑わせた。

[PR]

 物語は、石原が「彼女にこそ国民栄誉賞を与えるべきだ」と熱望したほど尊敬して止まない、鳥濱トメの視点で描かれている。特攻基地となった知覧(ちらん)で食堂を営んでいたトメは、特攻隊員から母親のように慕われてきた人物で、彼らの真実の声を知る数少ない人物だ。トメ役の岸は「深い、深い思いを込めて演じました」とコメントし、戦時中、実際に経験した辛いエピソードを披露した。そのあまりにリアルな体験談に、堪えきれず涙する出席者の姿があった。

『俺は、君のためにこそ死ににいく』は5月12日より全国東映系にて公開。
『俺は、君のためにこそ死ににいく』オフィシャルサイトchiran1945.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]