アナ・ニコール・スミス、死因は薬物の過剰摂取

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アナ・ニコール・スミス - Tito Media / WireImage.com / MediaVast Japan

 先月亡くなったアナ・ニコール・スミスの解剖結果が発表され、死因は処方箋薬の過剰摂取だったことが明らかになった。スミスは死の数日前にインフルエンザにかかり、高熱をだしていたが、マスコミに付きまとわれることから病院に行くことを拒否。「セルフメディケーションで治す」とホテルの部屋にとどまった。部屋からは、マリリン・モンローの死因とも言われている抱水クロラールやタミフルなどを含む9種類以上の薬物が発見されたらしい。自殺の場合、もっと強い薬を使うと思われることから、複数の薬による副作用と過剰摂取が死因と見られ、事故として処理されるようだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]