石原都知事「嫌いな総理大臣」に魂を込めた申し出を断られていた!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
前列、左から石原都知事、徳重聡、岸惠子、窪塚洋介、筒井道隆。後のスクリーンには、当時の特攻隊員たちが

 5月12日に石原都知事が、製作総指揮を務めた『俺は、君のためにこそ死ににいく』が公開される。それに先駆け、4月24日、東京国際フォーラムにて完成披露試写会が行われ、新城卓監督や徳重聡窪塚洋介筒井道隆岸惠子らの主要キャストに加え石原慎太郎東京都知事が出席した。

 本作で過去に行われた製作会見など、取材陣が集まる場では、いつも過激なコメントで場内を沸かす石原都知事は、「自分にとっても厳しく、苦しかったであろう人生の中で特攻隊員たちを励まし続けたトメさんは、隊員たちにとって菩薩のような人だったと思う。彼女は国民栄誉賞に値する人物だと思います」と劇中で描かれる若き特攻隊員たちを心から支えた鳥濱トメさんをたたえ、場内もしんみりした雰囲気になった。

 しかし、その直後「当時、私の嫌いな宮沢喜一という総理大臣に、トメさんにこそ国民栄誉章を贈るべきだと訴えたが断られた」とまたまた、爆弾発言でマスコミにリップサービスをすることも忘れない根っからのエンターティナーの石原都知事だった。

[PR]

 また、主演の徳重聡も「この映画の中に特攻というものの真実があると思います。あの時代を生きた人がいるから今の平和な日本があるのだと思います」とどっぷりと石原ワールドにつかっている様子。同じく主演を務めた窪塚洋介も「たかだか60年前の話ですが、時代劇といってもいいような、今を生きる僕らの価値観や考え方がまったく通用しない時代に、トメさんをはじめ、それぞれの命が生き抜いた時代があったことを映画を観て知って欲しい」としんみりとした面持ちで語った。

 『俺は、君のためにこそ死ににいく』は、第二次世界大戦の特攻という、ある意味タブーでもある部分を、人間ドラマにスポットを当てて描いた映画。戦争に対する価値観など、人それぞれだが、その時代を生き抜いた人々の歴史ドラマととらえて観てみるのもいい。

『俺は、君のためにこそ死ににいく』は5月12日より、全国東映系にて公開。
オフィシャルサイトchiran1945.jp

   

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]