ちょっと、浮いてる? 窪塚洋介が通した“オレ流”

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
みんな、観てくれ!

 12日、第二次世界大戦下を生きた、若き特攻隊員の生き様を描いた『俺は、君のためにこそ死ににいく』の初日舞台あいさつが行われた。新城卓監督、岸恵子のほか、徳重聡窪塚洋介筒井道隆前川康之ら特攻隊員役を演じたイケメン俳優たちが勢ぞろいした。

 晴れの初日ということで、舞台上に登壇したゲストたちは、スーツやジャケットなどを着用し、ビシッときめていた。そんな中、窪塚だけが帽子をかぶり、レインボーカラーのシャツジーパン姿というラフな姿で登場した。あくまで“オレ流”ファッションを貫いた窪塚。ラフな格好だったからといって、作品を軽んじているわけではなく、これが窪塚のスタイルのようだ。

 窪塚の本作にかける思いは並々ならぬものがあり、本人いわく「自分の作品で泣いたのは初めて」というほど。舞台上のあいさつでも「撮影が終ってからは、馬車馬のように宣伝活動をしました。今日、ついに僕らの手を離れ、観客のみなさんに観てもらえることになりうれしいです!」とほかの特攻隊員の誰よりも長くスピーチし、この作品に全身全霊をかけた姿勢が垣間見られた。翌日も、京都や大阪での舞台あいさつに登場し、一人でも多くの人に作品を見てもらいたいとアピールした。

 本作は脚本と製作総指揮を務めた石原慎太郎が、“特攻の母”として知られた鳥濱トメさんから聞いた実話を基にした感動作。国のため、家族のため、そして愛する人のために、若い命を散らした特攻隊員たちの真実のドラマが描かれている。

『俺は、君のためにこそ死ににいく』は絶賛公開中。
『俺は、君のためにこそ死ににいく』オフィシャルサイト chiran1945.jp

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]