ついに日本で初上映!『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』の全ぼうが明らかに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
海賊たちの運命やいかに!? - (C) Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 23日、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』のアジアプレミアが日本武道館にて行われ、ジョニー・デップほか、オーランド・ブルームビル・ナイはじめ監督のゴア・ヴィーヴィンスキー、ジェリー・ブラッカイマーらが舞台あいさつに登壇した。

 ここで、日本で初めて『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』が上映され、いままでベールに包まれていた内容がすべて明らかになった。

 今回、話題にもなっていたジャックの父親役のキース・リチャーズも存在感たっぷりに登場、ギターも披露するので見逃せない。

[PR]

 人間関係が複雑にからみ、誰が味方か敵か、分からないスリリングな作りは、アクションだけでなく人間ドラマにも重点をおいているため、見ごたえ感はシリーズの中で一番あるかもしれない。前作でこの世界からいなくなってしまった、ジャックの居所もユニークで、アーティスティックだ。ビル・ナイやジェフリー・ラッシュら“悪役”も大活躍。今年56歳のジェフリー・ラッシュもキレのあるアクションを見せて驚かせる。

 そして、物語のキーワードであるワールド・エンドとなる“世界の果て”は見たこともない映像が展開する。映画の尺は全部で2時間50分だが、まったく長さを感じさせない内容だ。

 そして、感動のラスト。予想を見事に裏切る、あっと驚く結末が待っている。前作に続き、エンドロールが終わっても席を立ってはいけない。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』2007年5月25日全国で公開。
オフィシャルサイト
disney.co.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]