「みんな早く死ぬしかない!」爆弾発言の養老孟司に、河童のクゥは無言……

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
(写真左から)冨澤風斗(クゥの声)、養老孟司、河童のクゥ、原恵一監督

 世界環境デーにあたる6月5日、映画を観て環境問題を考えようと『河童のクゥと夏休み』のスペシャルトークショー付き特別試写会が行われ、原恵一監督と、解剖学者でありNPO法人「ひとと動物かかわり研究会」の養老孟司理事長、そして河童のクゥ(ぬいぐるみ)が登壇した。

 「地球の炭酸ガスを減らすためには、僕が息をしなくなったらいいのかな」といきなり発言して司会者を困らせていたのは養老孟司理事長。「日本の炭酸ガスの排出量は全体の約4%、アメリカが世界の(排出量の)2割以上出していますから、日本人だけが頑張って全員息を止めても4%しか減らせない」など歯に衣着せぬコメントを連発し、ついには「わたしたちができること? みんな早く死ぬしかないってことですよ」と独特の言いまわしで、環境問題がいかに切迫した状況かを観客に訴えた。

 原監督は、「テレビでしか見たことがない養老先生と何を話せばいいのか」と緊張気味だったが、「昔は河童が川に住んでいるということで、むやみに人が近づかなかったことで何かが守られていたと思う。映画を観た人が、自分の住んでいる地域にある川を見たときに、『ここにはクゥが暮らせるかな』と考えてくれたら、少しは意識が変わるのでは」と映画に込めた思いを語った。隣に座っていた河童のクゥも「そうそう」と言いたげな顔(?)で監督の話を静かに聞いていた。

[PR]

 クゥはこの日、京都議定書による温室効果ガス排出量6%の削減をめざして環境省が呼びかけているプロジェクト「チーム・マイナス6%」のチームメンバーにも加わった。きれいな川にしか住めない河童として、今後も映画を通して環境保護活動に参加していくという。

『河童のクゥと夏休み』は7月28日よりシネ・リーブル池袋ほかにて公開。
『河童のクゥと夏休み』オフィシャルサイト kappa-coo.com
チーム・マイナス6% team-6.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]