カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した、エドワード・ヤン死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エドワード・ヤン - Gregg DeGuire / WireImage.com / MediaVast Japan

 『ヤンヤン 夏の思い出』で2000年のカンヌ国際映画祭でパルム・ドールにノミネートされ、監督賞を受賞した台湾のエドワード・ヤン監督が亡くなった。59歳だった。ヤンは7年前に結腸ガンと診断され、ビバリーヒルズの自宅で息を引き取ったという。ヤンは台湾でエンジニアリングを学び、フロリダ大学で修士号を取得。映画監督になる前はコンピューター・エンジニアだった経歴を持つ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]